Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS メニュー 検索 出典 - ブログ 出典 - ウェビナー出典 - レポート出典 - イベントicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する
  • Twitter
  • Facebook
  • LinkedIn

CVE-2019-1579:GlobalProtectのSSL VPNにおける重大な脆弱性が開示される

CVE-2019-1579:GlobalProtectのSSL VPNにおける重大な脆弱性が開示される

多くの組織で使用されているPalo Alto GlobalProtectのSSL VPNソリューションにおける重大な脆弱性が研究者らにより開示されました

背景

7月17日、研究者、Orange TsaiとMeh Changは、世界中の多くの組織で使用されているPalo Alto Networks(PAN)のGlobalProtectのSecure Socket Layer(VPN)における認証されていないユーザーによるリモートコード実行(RCE)の脆弱性の発見に関するブログを公開しました。 

分析

CVE-2019-1579は、クライアント/サーバ間のSSLハンドシェイクを処理するPAN SSLゲートウェイのフォーマット文字列の脆弱性で、この脆弱性を突くと、ゲートウェイでサニタイジングされていない特定のパラメータの値がsnprintfに渡される可能性があります。認証されていない攻撃者は、この脆弱性を悪用し、特別に細工された要求を脆弱なSSL VPNターゲットに送信し、リモートからシステムのコードを実行する可能性があります。

研究者らは、この調査結果をPANに報告しましたが、同社は、この脆弱性は社内で発見され、すでに修正されているためCVE識別子は割り当てられていないと応答しています。また、GlobalProtectの新しいバージョンは脆弱ではないとのことです。

研究者らは、大規模な組織がGlobalProtectの脆弱なバージョンを実行している可能性があるかどうかを調査し、人気のある配車サービス「Uber」が、修正されていないバージョンを実行していることを発見しました。彼らは、この脆弱性を突いた攻撃がUberで成功したことを確認し、Uberに報告しました。Uberは、Amazon Web Services(AWS)でホストされており、PAN SSL VPNは主なVPNではなく、組織の「コアインフラストラクチャ」の一部ではないことを報告しています。

脆弱性スキャンにより環境内でPAN SSL VPNの脆弱なインスタンスを実行している組織がますます多く検出されることが予想されます。

概念実証

TsaiとChangのブログ記事に概念実証(PoC)が含まれていますが、正常に機能するには修正が必要です。 また、login.cssファイル(8.x)と.gifファイル(7.x)に基づいて、脆弱なGlobalProtectのバージョンを識別するのに役立つコマンドも提供されています。

Tenable の対応

TsaiとChangのブログ公開後、PANはCVE識別子CVE-2019-1579を割り当て、それに対するセキュリティアドバイザリ、PAN-SA-2019-0020を公開しました。

解決策

次の表には、PAN-OSの脆弱性のあるバージョンと修正済み/脆弱でないバージョンに関する情報が含まれています。

影響を受けるバージョン 修正済みバージョン
PAN-OS 7.1.18以前 PAN-OS 7.1.19以降
PAN-OS 8.0.11以前 PAN-OS 8.0.12以降
PAN-OS 8.1.2以前 PAN-OS 8.1.3以降

この脆弱性は、PAN-OS 9.0.には影響を与えません。

さらに、PAN-SA-2019-0020では修正済みのバージョンにアップグレードできないお客様に対する緩和策が提供されています。同社は、「コンテンツリリース8173以降のバージョン」に更新し、「GlobalProtectポータルとGlobalProtectゲートウェイインターフェースを通過するトラフィックに対して脅威の防止を有効にして実行する」ことを推奨しています。

影響を受けたシステムの特定

この脆弱性を特定するための Nessus プラグイン一覧は、リリースされる度にこちらに表示されます。

詳細情報

Tenable コミュニティの Tenable セキュリティレスポンスチームに参加してみませんか。

最新のアタックサーフェスを総合的に管理する Tenable、初の Cyber Exposure Platform の詳細情報をご覧ください。

Tenable.io60日間無料トライルを入手する。

関連記事

最新のエクスプロイトに対して脆弱ですか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

無料でお試し 今すぐ購入
Tenable.io を 30 日間無料でお試しください

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入
無料でお試し 今すぐ購入

Nessus Professionalを無料で試す

7日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスのご購入で、お得にご利用いただけます。 電話、コミュニティ、チャットによる 24 時間年中無休の拡張サポートオプションもご用意しています。 製品の詳細を見る

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のWebアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なWebアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDNs

3,578ドル

今すぐ購入する

試用リクエスト送信 お問合せはこちらから

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポート

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

試用リクエスト送信 お問合せはこちらから

Tenable Lumin を試用する

30 日間無料

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。