Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

重要度が増すサイバーリスク対策にサイバーエクスポージャー管理で先手を打とう

ホワイトペーパーを入手

事後対応では
防止できない

絶えず変化し、以前にも増して複雑に絡み合って、急速に拡大し続けている DX 時代のアタックサーフェスは、 セキュリティ部門にとって極めて大きな課題となっています。攻撃者が広大なアタックサーフェス内の最も脆弱な要素を探り、価値の高い資産を求めて探索する一方で、防御側は、サイロ化された、部分的な可視化しかできない状態にあり、かろうじて間に合った検出を頼りに、攻撃者の動きに反応する形で対処しています。

セキュリティ担当者はサイバー攻撃を防止しようと毎日努力していますが、次のような 3 つの課題が障壁となるネックとなることが多いようです。
  • アタックサーフェスの全体像が捉えられない: アタックサーフェスの進化に伴い、多くの企業は個々の側面の管理に特化した新しいツールに投資してきました。
  • データの過多: 多くのセキュリティツールは膨大なデータを生成しますが、理解や優先順位付けに役立つ関係性の文脈はほとんど提供されません。
  • 受け身の姿勢から脱却できない: 包括的かつ集中的な可視化がほぼ期待できない中で、多くの場合、企業はインシデントが発生してから対処するという状態に甘んじています。
継続的なサイバーエクスポージャー管理プログラムに基づいたセキュリティ投資を優先している企業が侵害される確率は、2026 年までに現在の 3 分の 1 に縮小するでしょう。
Implement a Continuous Threat Exposure Management (CTEM) Programme (継続的な脅威エクスポージャー管理 (CTEM) プログラムの実装)、Gartner®、2022 年 7 月

レポートを読む

サイバーリスク対策に先手を打とう

Exposure Management (サイバーエクスポージャー管理) を実行すると、サイバーリスクが理解できるようになるので、事業にとってより効果的な意思決定ができます。リスクベースの脆弱性管理を土台に構築されたサイバーエクスポージャー管理は、DX 時代のアタックサーフェスを今までより広範囲な視点から捉えます。技術とビジネスの両方の文脈を適用して、サイバーリスクをより的確に特定し、より正確に伝達し、事業にとってより適切な判断が下せるようにします。

DX 時代のアタックサーフェス全体を包括的に可視化

セキュリティチームがサイバー攻撃から企業を効果的に守るには、制限のない可視性が必要です。

文脈を利用して
脅威を予測

攻撃の可能性が最も高いと思われる領域を守ることを目的として作業に優先順位を付けるには、情報を繋ぐインテリジェンスが必要です。

企業の各レベルでサイバーリスクを正確に伝達

リスクを正確に伝達するので、ステークホルダーはビジネス価値を推進する行動を起こせるようになります。

ソフトウェアの脆弱性
外部アタックサーフェス
アプリケーションの脆弱性
パブリッククラウドの設定
OT の脆弱性
アクセス許可

Exposure Management (サイバーエクスポージャー管理) の重要なポイントは、企業のアタックサーフェスの完全かつ正確な可視化と、サイバーリスクを効率よく軽減するために適切な判断ができる態勢です。

サイバーエクスポージャー管理プログラムを構築するための 5 つの重要なステップ

Gartner® レポートをダウンロードする Implement a Continuous Threat Exposure Management (CTEM) Program (継続的な脅威エクスポージャー管理 (CTEM) プログラムの実装)
  • 現在所有しているセキュリティテクノロジーの評価
    機能のカバレッジや統合のギャップを明らかにします。
  • 外部から見えているアタックサーフェスの理解
    DX 時代のアタックサーフェスのあらゆる側面を考慮して、攻撃者の目線で検査することが重要です。
  • 対策の優先順位付け
    資産のビジネス上の価値を考慮して、リスクに基づいて修正作業に優先順位を付けます。
  • 修正プロセスの評価
    社内外でベンチマークを実行して継続的にプロセスを改善します。
  • 情報を伝えて行動する
    一貫性のある正確な情報連絡方法を確立します。 「会社のセキュリティは大丈夫?」という質問に答えられますか?
Gartner® レポートをダウンロードする Implement a Continuous Threat Exposure Management (CTEM) Program (継続的な脅威エクスポージャー管理 (CTEM) プログラムの実装)

サイバーエクスポージャー管理プログラムのメリット: 主要役割別

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者は、すべての資産を一元的に表示し、アタックサーフェスを完全に可視化する必要があります。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームを使用すれば、ソフトウェアの脆弱性、設定ミス、不適切なアクセス権限などの修正作業に優先順位を付けることができます。 包括的な可視化と優先順位付けの機能により、セキュリティチームはアタックサーフェスをより詳しく把握し、盲点を排除し、効果的なリスク管理のベースラインを構築できるようになります。 その結果、企業を最も危険にさらしているエクスポージャーが何であるか、またそれを緩和するタイミングや方法に関して最良の意思決定を行えるようになります。

実行を開始する

セキュリティマネージャー

セキュリティマネージャーは、把握した情報と脅威、資産、権限の状況に応じて、最も優先度の高いセキュリティ対策に利用可能なリソースを重点的に割り当てる責務があります。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームを使用すれば、修正や対応に必要なリソースを削減すると同時に、リスクが発生する隙をなくすことができます。 また、アタックサーフェス全体で資産とユーザーにどのような相互関係があるのかが確認できるため、想定される攻撃の影響を把握できます。 さらに、明確で容易に伝達できる KPI によって、対策効果を長期的に測定して洞察を導き出し、ベンチマーキングによって社内の他部門と比較できます。

実行を開始する

CISO、BISO、その他のセキュリティ幹部

CISO、BISO、その他のセキュリティ幹部が、セキュリティ投資の意思決定を改善したり、保険適用性に関する判断、規制やコンプライアンス要件の遵守、企業改善の推進などを行うには、正確なリスク評価が必要です。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームは、セキュリティリーダーがサイバーリスクを測定、比較、伝達するのにすぐ活用できる指標を提供します。伝達に関しては、IT 部門やセキュリティ部門の運用チームだけでなく、技術者ではない経営幹部や運用チームなど企業全体にも有効です。サイバーリスクの一元的な表示や明確な KPI により、幹部は長期的に対策効果を測定し、ベンチマーキングによって競合他社や社内の部門間との比較ができます。 このグループの目標は、サイバーセキュリティリーダーが「会社のセキュリティは大丈夫?」という質問に答えられるようにすることです。

実行を開始する

セキュリティ担当者は、すべての資産を一元的に表示し、アタックサーフェスを完全に可視化する必要があります。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームを使用すれば、ソフトウェアの脆弱性、設定ミス、不適切なアクセス権限などの修正作業に優先順位を付けることができます。 包括的な可視化と優先順位付けの機能により、セキュリティチームはアタックサーフェスをより詳しく把握し、盲点を排除し、効果的なリスク管理のベースラインを構築できるようになります。 その結果、企業を最も危険にさらしているエクスポージャーが何であるか、またそれを緩和するタイミングや方法に関して最良の意思決定を行えるようになります。

実行を開始する

セキュリティマネージャーは、把握した情報と脅威、資産、権限の状況に応じて、最も優先度の高いセキュリティ対策に利用可能なリソースを重点的に割り当てる責務があります。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームを使用すれば、修正や対応に必要なリソースを削減すると同時に、リスクが発生する隙をなくすことができます。 また、アタックサーフェス全体で資産とユーザーにどのような相互関係があるのかが確認できるため、想定される攻撃の影響を把握できます。 さらに、明確で容易に伝達できる KPI によって、対策効果を長期的に測定して洞察を導き出し、ベンチマーキングによって社内の他部門と比較できます。

実行を開始する

CISO、BISO、その他のセキュリティ幹部が、セキュリティ投資の意思決定を改善したり、保険適用性に関する判断、規制やコンプライアンス要件の遵守、企業改善の推進などを行うには、正確なリスク評価が必要です。 サイバーエクスポージャー管理プラットフォームは、セキュリティリーダーがサイバーリスクを測定、比較、伝達するのにすぐ活用できる指標を提供します。伝達に関しては、IT 部門やセキュリティ部門の運用チームだけでなく、技術者ではない経営幹部や運用チームなど企業全体にも有効です。サイバーリスクの一元的な表示や明確な KPI により、幹部は長期的に対策効果を測定し、ベンチマーキングによって競合他社や社内の部門間との比較ができます。 このグループの目標は、サイバーセキュリティリーダーが「会社のセキュリティは大丈夫?」という質問に答えられるようにすることです。

実行を開始する

進化したセキュリティ

Tenable One は、DX 時代のアタックサーフェスをくまなく可視化して、攻撃の可能性のある領域を重点的に対策し、最適なビジネスパフォーマンスを実現するためにサイバーリスクを正確に伝達することを目的に設計された サイバーエクスポージャー管理プラットフォームです。Tenable One プラットフォームは、IT 資産、クラウドリソース、コンテナ、ウェブアプリ、認証管理システムなどを網羅した、広範囲な脆弱性に対応しています。

もっと詳しく

Tenable One を実際にご覧ください

DX 時代のアタックサーフェスのためのサイバーエクスポージャー管理
tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格の有効期間が12月末日まで延長されました。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

サポートとトレーニングを追加