Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

テクノロジーパートナーを探す

キーワードで検索するか、製品名またはカテゴリーでフィルターできます。

Adaptive Shield

Adaptive Shield

Adaptive Shield の Tenable との統合によって、デバイスとユーザーの各々の健全性と、その 2 つの要素が互いにどのように影響し合うかがより深く理解できるようになります。Tenable の豊富なテレメトリと文脈と共に捉えた脆弱性データを、Adaptive Shield の SaaS セキュリティポスチャ技術内で相関させることによって、ユーザーは、SaaS ユーザーと関連したデバイスに起因するリスクを簡単に見て管理することのできるコンテキストと可視性を得ることができます。

この統合は Adaptive Shield により構築され、サポートされています。

チェック分類: クラウドセキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Lumin、Tenable.io

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Analyst1

Analyst1

Analyst1 は、迅速かつ包括的な応答アクションを編成して自動化する、脅威インテリジェンスおよびサイバーオペレーションツールです。Analysy1 の Tenable.sc との統合により、脅威ベースで優先順位付けされたアクションを可能にする Tenable の脆弱性データの強化が自動化され、セキュリティチームはサイバーリスクを最も削減できるアクションに集中できるようになります。

この統合は Analyst1 により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: 脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

anecdotes.ai

anecdotes.ai

anecdotes のお客様は Tenable.io との統合を活用してセキュリティ対策を運用し、アクセス管理を制御しています。両者のお客様は、脆弱性スキャンの設定、脆弱性の修正、その他のコンプライアンスの証拠を自動的に取得できます。この統合は anecdotes.aiにより構築され、サポートされています。

チェック分類: GRC

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Anomali

Anomali

Anomali は、インテリジェンス主導型の脅威検出と対応ソリューションを提供します。これにより、お客様は脅威インテリジェンスを大規模に使用して脅威を検出し対応できます。 Tenable との統合により、Anomali プラットフォームは関連する脅威を明らかにし、資産のセキュリティ体制や重大度に基づいて対応に優先順位を付け、リスクを軽減できるようにします。

この統合は Anomali により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

APCON

APCON

APCON IntellaStoreプラットフォームは、データ集約、キャプチャ、ストレージ、オンボードアプリケーションを一体化して提供します。IntellaStoreはネットワーク上のどこでも関心のあるすべてのトラフィックをキャプチャし、IntellaStore上で直接起動しているNessus Network Monitorに向けて完全なパケットの可視性を提供します。データを傍受している同一アプリケーション上でNessus Network Monitorが起動できるおかげで、データ分析が同じ場所から実行でき、より迅速な脅威の識別が可能になります。

この統合は APCON により構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワーク TAP/SPAN モニタリング

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus Network Monitor (NNM)、Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Apple

Apple

モバイルデバイス管理に接続することで、Tenableのプラットフォームおよびインベントリモバイルデータに情報をプルしてデバイス上の脆弱性を検出します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: モバイルデバイス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

appNovi

appNovi

appNovi のセキュリティデータの視覚化と分析は、技術的な関係者と非技術的な関係者の両方に脅威を伝える簡単な方法を提供します。 この統合により、Tenable の脆弱性データが NetFlow、インフラ、その他のデータソースに集計され、悪用される可能性が高い資産とビジネスに対する資産の重要性のコンテキストが特定されます。appNovi は、アタックサーフェスの識別とマッピングを可能にし、ビジネス固有の脆弱性管理をサポートし、効果的なインシデント対応を支援するために、セキュリティ担当者によって設立されました。

この統合は appNovi により構築され、サポートされています。

チェック分類: CMDB、サイバー資産管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Arcon

Arcon

Tenable は Arcon と統合することで、Cyber Exposure をより包括的に把握できるように、認証済み脆弱性スキャンで使用する特権アクセスを合理化します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Aruba (HPE グループ)

Aruba (HPE グループ)

Aruba の Tenable.io との統合により、システムがネットワークに追加されたときに自動的に脆弱性評価が実行されるようになり、どのシステムもセキュアネットワークにアクセスする前に必ず評価されるようになります。

Tenable.ot のワークレベルとデバイスレベルでの高度の脅威検知機能、資産と脆弱性管理機能を、Aruba Networks ClearPass Access Control と組み合わせて併用することによって、この共同提供ソリューションは、IT と OT の環境を網羅した完全な可視性、セキュリティとコントロールを提供します。従来の Windows ベースのシステムだけでなく、Mac やモバイルデバイス、産業向けコントローラ (PLCs、RTU、DCS コントローラ) などの OT デバイスにも対応します。

この Tenable.sc 統合は、Aruba により構築され、サポートされています。

この Tenable.ot 統合は、Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: アクセスコントロール、ネットワークのアクセスコントロール

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Asimily

Asimily

Asimily はヘルスケアに特化した医療デバイス向けのソリューションで、デバイスの管理と安全確保を行います。Asimily は現在、インベントリ、デバイスの関係、リスクの監視と緩和、パッチ適用と緩和策の優先順位付け、フォレンジック分析、資産利用状況、ポリシー管理、ベンダー管理、デバイス追跡、FDA のリコールの監視にまつわるユースケースの解決に利用されており、その範囲はさらに増え続けています。Asimily は、パッチ適用や緩和策に優先順位付けを行うモジュールの一部として Tenable.sc および Tenable.io と統合されており、スキャンされたデバイスで見つかった脆弱性は Asimily のソリューションで処理されます。さらに、Tenable のスキャナーは、Asimily のデバイス分類に基づいて特定の医療用デバイスをスキャンしないように構成されます。

この統合は Asimily により構築され、サポートされています。サポートが必要な場合は、[email protected]までご連絡ください。

チェック分類: IoT セキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ASPIA InfoTech

ASPIA InfoTech

ASPIA と tenable.io の統合により、完全な脆弱性管理プロセスを効率化するための集中型プラットフォームを提供できるようになりました。ASPIA を使用すると、Tenable から資産と脆弱性データを取り込み、脆弱性の追跡と詳細の視覚化が可能なため、、組織のセキュリティ体制を包括的に見ることができます。この統合は ASPIA により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: SOAR、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Atlassian

Atlassian

Tenable の脆弱性管理製品は、Atlassian の Jira On Prem、Jira Cloud、Jira Core、Jira Software、および Jira Service Deskと統合しました。Tenableが特定した脆弱性のチケットを自動的に開いたり、それが解決された時に自動的に閉じたりできるため、まとまりのある追跡可能な修復プロセスを構築できます。 Tenable.cs を Atlassian Jira と統合して、発生した違反に関する Jira チケットを作成し、未処理のチケットを視覚化するフィルタを使用することも可能です。

Tenable.cs と Atlassian BitBucket On-prem の統合により、デプロイメント前に Tenable.cs の On-prem スキャナを介して、コードリポジトリ内の既知の脆弱性について IaC ファイルをスキャンできるようになりました。

Tenable.cs と BitBucket の統合により、BitBucket リポジトリ内の構成ファイルへの読み取り専用アクセスを取得して、デプロイメント前にコードリポジトリ内の既知の脆弱性について IaC ファイルをスキャンできるようになりました。

これらの統合は、Tenable によって構築され、サポートされています。

チェック分類: ソースコードマネージャー (SCM)、チケット

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: 有効

AuditBoard

AuditBoard

AuditBoard の Tenable との統合は、もっとも使いやすい方法で脆弱性データの取り込み、資産インベントリ、スキャン頻度を定期的に収集する機能を提供します。この統合によって、セキュリティ運用チームとコンプライアンスチームは、ビジネス部門の介在がなくても証拠収集ができるようになります。

この統合は、AuditBoard によって構築されサポートされています。

チェック分類: GRC、IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

AWS

AWS

Tenable.io はAWS に基づいており、業界で最も広範囲にわたる脆弱性管理ソリューションとともに、どのセキュリティ課題を最初に修正すべ​きかを予測する機能を提供します。Tenable.io の AWS 用クラウドコネクタは、AWS のクラウド環境内の資産を自動的にリアルタイムで検知して、すべてのインスタンスを把握して、それらが変更される度に露呈を評価します。 Tenable.io の Frictionless Assessment は、EC2 のインスタンスに脆弱性がないか、AWS 内で継続的に診断します。スキャンの設定、認証データの管理、エージェントの導入は一切不要です。新たな脆弱性の公開や AWS 環境の変化に応じて、迅速にセキュリティ問題を検知して対応できます。

さらに、Tenable は AWS Security Hub と統合しているので、Tenable が検知したすべての内容をその他のセキュリティ関連の詳細を並べて、クラウド環境のセキュリティ体制の全体像を見ることができます。

Tenable.ad は、AWS でホストされている Active Directory をサポートするように構築されています。

Tenable.cs と AWS Cloud Resources の統合により、セキュリティコンプライアンスを適合するためにクラウドリソースをスキャンできるようになりました。 Tenable.cs は、AWS CloudFormation 構成ファイルを読み取れるようになり、デプロイメント前の既知の脆弱性スキャンが可能になりました。また、AWS SNS 通知も Tenable.cs と統合されたため、システムの違反の通知を受け取る方法が 1 つ増えました。さらに、opsgenie、slack などのそれぞれの通知メディアにそれらを構成することもできます。

これらの統合は、Tenableが構築したもので、Tenable がサポートしています。

チェック分類: クラウドセキュリティ、CSPM、IaC、通知 / アラート、仮想アプライアンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ad、Tenable.cs、Tenable.io

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Axonius

Axonius

Axonius の Tenable との統合は、資産データをコンテンツ管理データベースと同期化して、すべてのデバイスを一元的に表示します。

この統合は Axonius によって構築され、サポートされています。

チェック分類: CMDB、サイバー資産管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

BeyondTrust

BeyondTrust

Tenable は、BeyondTrust Password Safe および Privileged Identity と統合することで、サイバー上のリスク変動資産をより包括的に把握できるように、認証済み脆弱性スキャンで使用する特権アクセスを合理化します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.ot、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

BlackBerry

BlackBerry

モバイルデバイス管理に接続することで、Tenableのプラットフォームおよびインベントリモバイルデータに情報をプルしてデバイス上の脆弱性を検出します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: モバイルデバイス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Blackpoint Cyber

Blackpoint Cyber

Blackpoint CyberとTenableの統合により、脆弱性データと資産情報がBlackpointのプラットフォームに接続されて、可視性が向上します。これにより、接続されたすべてのデバイスを完全に把握し、対象デバイスを迅速に特定できます。

この統合は Blackpoint Cyber により構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

BMC

BMC

Tenable の脆弱性データを自動的に BMC TrueSight と BMC Helix コンソールにエクスポートして、インシデント対応と一括修正作業をより迅速に行うことができます。

この統合は BMC により構築され、サポートされています。

チェック分類: 自動化とパッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Brinqa

Brinqa

Brinqa と Tenable の統合により、資産および脆弱性情報をビジネスコンテキストおよび脅威インテリジェンスデータに効果的に連結させて、データに基づいたリスクベースのプログラムが実現できます。

この統合は Brinqa により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Caveonix

Caveonix

Caveonix Cloud の Tenable.sc との統合は、ネイティブな API を活用して、すべてのクラウドセキュリティ上の調査結果と関連するデータを双方向に交換します。このパートナーシップにより、ロボットを使った自動処理 (RPA) が素早く修正を実行するので、リスクの露呈時間が縮小され、リスク解析とスコアを通じて修正作業の優先順位付けが可能になります。

この統合は Caveonix によって構築され、サポートされています。

チェック分類: CSPM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Centrify

Centrify

Tenable は Centrify Privileged Access Service と統合することで、Cyber Exposure をより包括的に把握できるように、認証済み脆弱性スキャンで使用する特権アクセスを合理化します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Check Point CloudGuard

Check Point CloudGuard

Tenable.io と CloudGuard の統合により、クライアントは忠実性の高いクラウドセキュリティ体制の管理を実現でき、外部への公開に基づく、より正確な検出と優先順位付けが可能となります。Check Point の CloudGuard Cloud Security Posture Management 機能により、クライアントが修正およびパッチ適用作業に最善の方法で優先順位を付けるのに役立つ、Tenable.io に備えられたホストレベルの脆弱性検出能力が高まります。

この統合は Check Pointにより構築され、サポートされています。

チェック分類: クラウドセキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cherwell

Cherwell

Tenable.io とCherwell Service Management (CSM) の統合は、Tenable が検知した脆弱性を CSM 内部で処理し、構成項目 (CI) と紐づいたセキュリティイベントとして作成することを可能にします。 セキュリティイベントの紐づけが明確になると、追跡、無視、または修正作業など、どのように行動するかが決定できます。脆弱性が対処されて CI がさいどAfter the vulnerabilities are addressed and CIs are rescanned, the updated status will be sent back to CSM to close the loop. この統合によって、IT とセキュリティチームの連携がよりみっせっつになり、組織全体にとってセキュリティ脅威が明確に可視化されます。

この統合は Cherwell により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: チケッティング

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Chronicle (Alphabet の子会社)

Chronicle (Alphabet の子会社)

Chronicle は、大量のデータとコンピュートリソースを活用してサイバー脅威を分析および防御します。Backstory プラットフォームは、企業のセキュリティチームが検索と同等の速さでインシデントを調査してネットワークに潜む脅威を検出することを支援し、脅威情報およびセキュリティテレメトリを世界規模で解明します。Chronicle と Tenable の連携により、セキュリティ問題に対するインサイトが深まり、リアルタイムで脅威を検出して対処する能力が向上します。Tenable は、Chronicle の Backstory 資産モジュールを最初に統合したパートナーです。

この統合は Chronicle により構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cisco

Cisco

Firepower Management Center は、Tenable.sc からの脆弱性レポートを自動的にインポートすることができ、Firepower Network Host Map の精度を向上させます。 強化された Host Map により、Firepower の Intrusion Event Impact Level スコアの忠実性が高まり、アナリストが企業に最も大きな影響を与える可能性のある Intrusion イベントを優先させるのに役立ちます。加えて、Tenable の情報は Intrusion ポリシーの調整を向上させるのにも役立ち、誤検出をさらに低減させます。

Cisco Identity Services Engine (ISE) との統合は、Tenable による脆弱性とコンプライアンス違反の調査結果を活用してルールベースの Network Access Control をトリーガーさせ、脆弱なシステムを修正します。

この統合は Ciscoにより構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワークアクセスコントロール、NGFW

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cohesity

Cohesity

バックアップデータを活用することで、IT 生産環境内の Cyber Exposureと脆弱性を検出します。Tenableを導入しているCohesity CyberScanは、リスク状況の評価を容易にし、復旧作業中に既知または過去に対処したことがある脆弱性の生産環境への再侵入を防ぐことを保証することで、厳しいセキュリティおよびコンプライアンス要件を満たしています。

この統合は Cohesityにより構築され、サポートされています。

チェック分類: データ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Corelight

Corelight

この統合によって、Tenable.sc が検知した脆弱性を Corelight のインプットフレームワークを介して読み込むことが可能になります。その結果、Suricata の IDS アラートが連携され、ある攻撃に対して脆弱であることが知られているシステムにその攻撃があると警告されます。このような攻撃は成功することが予想されるので、担当者の対応の優先順位付けがしやすくなります。

この統合は Corelight により構築され、サポートされています。

チェック分類: IDS/IPS

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cortex XSOAR

Cortex XSOAR

Tenable の包括的な脆弱性管理機能との統合により、Cortex のセキュリティ機能の連動と自動化エンジンがインシデント対応プロセスを標準化します。セキュリティチームは、反復して行う多数のタスクを一括して実行でき、脆弱性の検出と修正にかかる時間を短縮できます。旧 Demisto

この統合は Palo Alto Networks により構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cyber Observer

Cyber Observer

Cyber Observer は包括的なサイバーセキュリティ管理ソリューションで、エンドツーエンドのリアルタイムのサイバーセキュリティ態勢と認識を一括管理で実現します。関連するセキュリティツールの重要なセキュリティコントロール (CSC) を通じて、組織のセキュリティ環境の状態を継続的に測定します。Cyber Observer により、CISO は洞察力に富んだ決定を行い、組織のサイバーセキュリティを安全に保つことができます。

この統合は Cyber Observerにより構築され、サポートされています

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

CyberArk

CyberArk

TenableはCyberArkと統合することで、Cyber Exposureをより包括的に把握できるように、認証済み脆弱性スキャンで使用する特権アクセスを合理化します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

CyberSaint

CyberSaint

CyberStrong は Tenable.io との統合によって Tenable の脆弱性に対するインサイトを利用してコントロールと相関させ、リスク、IT コンプライアンス、サイバーレジリエンスに対する比類のない可視性を提供します。CyberStrong のソリューションは、Tenable やその他のセキュリティソリューションと統合してコンプライアンスとリスク評価を完全に自動化できる唯一のソリューションです。アナリストの手を介さずに、特許登録済みのAI/MLを活用してテレメトリーを解析し、継続的にコントロールを数値化し、リスクをリアルタイムに更新します。経営幹部向きのリスクレポート、ガバナンスダッシュボード、役員会用のレポートを提供する CyberStrong と Tenable は、すべての情報を統一した観点から提示できる、デジタル時代でリスクを管理する企業にとって重要な機能を提供します。

この統合は CyberSaint により構築、サポートされています。サポートが必要な場合は、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: GRC、IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cybersixgill

Cybersixgill

Sixgill と Tenable の統合では、Tenable の脆弱性インサイトが Sixgill のインベスティガティブポータルに取り込まれ、パーソナライズされたコンテキストが瞬時に取得できるので、セキュリティチームによる調査が可能になります。

この統合は Sixgill により構築され、サポートされています。サポートが必要な場合は、 [email protected]までご連絡ください。

チェック分類: 脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

CyGov

CyGov

CyGov により、セキュリティチームやリスクチームは、一元化された中央プラットフォームからサイバーリスクとコンプライアンスを管理できます。このプラットフォームは、スマートなアンケート調査機能と、Nessus や Tenable.io などのさまざまな内部ツールや、脅威インテリジェンスの外部ソースからの自動データ収集および分析を特徴としています。このプラットフォームにより、CRO や CISO はあらゆる種類のエンタープライズ環境との間で連携できる強力なビジュアルダッシュボードを使用して、サイバーリスク管理サイクルのあらゆる局面で、実行可能なインサイトを推進することが可能になります。

この統合は CyGov により構築され、サポートされています。

チェック分類: IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cymulate

Cymulate

Cymulate と Tenable の統合により、脆弱性をワークフローに取り込んで、包括的なセキュリティ体制評価が自動化されます。

この統合は Cymulate により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: 侵害および攻撃のシミュレーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cynerio

Cynerio

Cynerio と Tenable の統合により、医療機関は、従来のエンタープライズ IT、IoT、OT、IoMTを含む IT 環境全体のリスクを管理できます。同時に、複数の組織をまたいだ連携を促進し、絶えず進化する脅威の状況でサイバーセキュリティを維持するために必要な制御、先見性、適応性を病院に提供します。Cynerio は、医療機関がコンプライアンスを維持し、リアルタイムの攻撃検出と対応、迅速なリスク低減ツールを使用してすべての接続を独自の条件に基づいてプロアクティブに管理できるようにすることで、医療機関の最優先事項である質の高い患者ケアの提供に集中できるようにします。

この統合は Cynerio により構築され、サポートされています。

チェック分類: IoT セキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Datadog

Datadog

Datadog は Tenable Nessus のウェブサーバーとバックエンドのログを Datalog Agent を使って監視します。この統合によって、Nessus スキャンの結果がほぼリアルタイムに表示でき、Nessus サーバーにアクセスしているユーザーや IP を見ることができます。この統合は DataDog により構築され、サポートされています。サポートはのお問い合わせはこちらまで: [email protected]com 

チェック分類: Cloud SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Dell

Dell

TenableのソリューションをDell KACEシステム管理アプライアンスと統合すると、脆弱性を抱えたシステム上に足りないパッチを識別し、脆弱でパッチが必要な管理の行き届かないシステムを識別し、直接スキャンができないシステムまでカバーしてスキャンを実行します。Tenable は Dell Force10 FTOS システムを起動しているシステムも検査できます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

DF Labs

DF Labs

DF LabとTenableの統合により、脆弱性スキャンの自動化とオーケストレーション、および完了したスキャンコレクションが簡素化されます。さらに、セキュリティインシデント応答プロセスを強化するために資産情報を自動化できます。

この統合は DF Labs により構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Elastic

Elastic

Elastic の Tenable との統合により、企業は Elastic Security 内の Tenable からの脆弱性データを活用して、調査とインシデント対応を実行できます。 Elastic は、堅牢な検出ルールを使用して Tenable からのデータをクラウド、ネットワーク、エンドポイントソースなどの他のデータソースと関連付け、脅威をすばやく発見します。

この統合は Elastic により構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Expanse

Expanse

Expander と Tenable の統合により、共通顧客は、Expander ネットワークマップをインターネット資産の記録システム (SoR) として活用してリスクベースの脆弱性管理プログラムの性能を最大化することができます。この統合には、Tenable.io が Expander のデータを取り込んで処理できる機能が標準搭載されており、以前は手間のかかる手動作業だったものを自動化でき、長い間更新されていなかった資産リストを更新し、Expander からさらに多くのビジネスコンテキストを取得することができます。Expander のデータを Tenable に取り入れることによって、さらに深い脆弱性スキャンを実行し、今まで知られていなかった資産に関連した脆弱性を修正することができます。

この統合は Expanse により構築され、サポートされています。サポートのお問合せは [email protected] まで。

チェック分類: 資産検出

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ForeScout

ForeScout

ForeScout CounterAct®との統合で、新しいシステムがネットワークに加わった場合 Tenable に通知を行い、即時にその新デバイスの脆弱性評価を行い、脆弱性を抱えたシステムに保護処置を実行することが可能になります。

この統合は Forescout により構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワークアクセスコントロール

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Fortinet

Fortinet

Fortinet FortiSOAR は、最先端のセキュリティオーケストレーション、自動化、対応プラットフォームです。Tenable.io との統合により、対策の調整と実行が可能な、自動脆弱性管理ソリューションを実現します。両者の統合により、アナリストは調査の優先順位をより適切に設定できるようになります。スキャンの再実施や、EDR 統合を利用して影響を受けたシステムを隔離してパッチを適用するなどの自動化された、またはオンデマンドでの、被害の封じ込めや修正アクションもより実行しやすくなり、タイムリーかつ情報に基づいた素早い対応サイクルを実現します。

この統合は Fortinet により構築され、サポートされています。

Tenable.ot と Fortinet の FortiGate が提供する共同ソリューションは、従来のIT-OTのセキュリティ分断を取り除き、両環境に跨るセキュリティ、ワークフロー、インシデント対応と復旧手順を導入します。このソリューションによって、IT/OTのコンバージドインフラでは、セキュリティ関連問題の特定時間が短縮できます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: NGFW, SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io, Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

FortMesa

FortMesa

この統合では、Tenable と FortMesa の間で資産の双方向の同期を行うことで、Tenable が FortMesa の脆弱性管理フローを制御することが可能になります。FortMesa は、自動化された文書化および簡単な認証を行う人向けに作られた、サイバーリスクとセキュリティ運用のプラットフォームです。セキュリティガバナンスを制定し、システムの脆弱性を検出して管理し、自社のリスクとセキュリティ体制を理解することで、適正な規模のセキュリティとコンプライアンス基準に向かって前進します。

この統合は FortMesa により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: GRC、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Garland Technology

Garland Technology

Garland TechnologyとTenableソリューションを一緒に使用することで、組織はすべてのネットワーク資産を完全に可視化できます。これによって、組織はCyber Exposureをより詳細に把握できます。

この統合は Garland Technology により構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワーク TAP/SPAN モニタリング

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus Network Monitor (NNM)、Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Gigamon

Gigamon

Gigamon および Tenable のソリューションを導入することで、システム環境に暗号化されたトラフィックを使用する企業は、どのデバイスがシステムに接続されているのか可視性を再獲得し、脆弱性とリスクを検知するために継続的にネットワークトラフィックをモニターできるようになります。

この統合は Gigamon により構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワーク TAP/SPAN モニタリング

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus Network Monitor (NNM)、Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

GitHub

GitHub

Tenable.cs と GitHub Actions が統合されました。それににより、ビルドパイプラインのインフラのコード化 (IaC) ファイルの違反をスキャンして、違反やドリフトを追跡したり、アプリケーションでアラートやエスカレーションを設定したりできるようになりました。

Tenable.cs と GitHub Repo が統合されました。それにより、デプロイメント前に、インフラのコード化 (IaC) ファイルをスキャンして、コードリポジトリの既知の脆弱性を見つけられるようになりました。

Tenable.cs と GitHub Enterprise On-prem が統合されました。それにより、デプロイメント前に、Tenable.cs の On-prem スキャナを介して、コードリポジトリ内の既知の脆弱性についてインフラのコード化 (IaC) ファイルとしてスキャンできるようになりました。

これらの統合は、Tenableが構築したもので、Tenable がサポートしています。

チェック分類: CI/CD、ソースコードマネージャー (SCM)

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

GitLab

GitLab

TTenable.cs と GitHub Repo が統合されました。それにより、デプロイメント前に、IaC ファイルをスキャンして、コードリポジトリの既知の脆弱性を見つけられるようになりました。

Tenable.cs と GitLab Enterprise OnPremise Repo の統合により、Tenable.cs の On-prem スキャナを介して、コードリポジトリ内の既知の脆弱性について IaC ファイルをスキャンできるようになりました。

これらの統合は、Tenableが構築したもので、Tenable がサポートしています。

チェック分類: ソースコードマネージャー (SCM)

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Google Cloud Platform (GCP)

Google Cloud Platform (GCP)

GCP 用の Tenable.io コネクタは、Google クラウド環境における資産変化を自動的かつ継続的に検出して追跡することで、あらゆる変化に伴うすべてのインスタンスのエクスポージャーを確実に把握して評価できるようにします。通常、数時間しかないクラウドワークロードの寿命ですが、GCP Connector はサイバーリスクの正確な可視性を提供するという重要な課題を解決しています。

Tenable.ad は、GCP でホストされている Active Directory をサポートするように構築されています。

クラウドリソースをスキャンするというセキュリティとコンプライアンスのニーズを満たすため、Tenable.cs は Google Cloud と統合しました。

コネクタ、Active Directory、および Tenable.cs の統合は、Tenable によって構築およびサポートされています。

さらに、Tenable と Google Cloud Security Command Center の統合によって、すべての Tenable の調査結果を他のセキュリティ調査結果と併用できるようになったので、セキュリティ状態の包括的なビューを得ることができます。Tenable.io との強力な統合を通じて、貴重な脆弱性の情報が Google Cloud Security Command Center に追加されます。この組み合わせにより、他のすべてのセキュリティ情報やイベント情報のコンテキストで脆弱性データを確認することが可能になり、自社環境のセキュリティ体制を総合的に可視化できます。

Google Cloud Security Command Center のサポートはGitHubに掲載されています。

チェック分類: クラウドセキュリティ、CSPM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ad、Tenable.cs、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Guardicore

Guardicore

Guardicore は Tenable との統合で、脆弱性データを継続的に Tenable.io から取り込み、資産の状態をオープン状態のCVEや総合的なリスクスコアを元にラベル付けします。ラベル分けは、ネットワークの細分化ポリシーに利用され、脆弱な負荷のエクスポージャーを最小限にとどめ、脆弱性が緩和されるまでリスクを抑えることができます。

この統合は Guardicore により構築され、サポートされています。 サポートのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: ネットワークの細分化

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Hackuity

Hackuity

Tenable.sc と Hackuity の統合を利用して、脆弱性修正計画の優先順位を一元的に管理することが、資産、ビジネス上の重要度、サイバー脅威のインテリジェンスなどの多様な相関データを活用して可能になります。

この統合は Hackuity により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

HashiCorp

HashiCorp

HashiCorp の Vault により、ユーザーはトークン、パスワード、証明書および暗号化キーへのアクセスの保護、保存および厳重な管理を行い、機密データを保護することができます。Tenable と HashiCorp との統合により、HashiCorp の Vault KV ストアに保存されたパスワードを利用して認証スキャンを実行することができます。

Tenable.cs は Terraform Cloud Run タスクと統合されました。それにより、開発者はインフラのコード化におけるコンプライアンスとセキュリティリスクを検出して修正し、クラウドインフラストラクチャがプロビジョニングされる前の問題を少なくできます。 詳しくは、こちらのブログ記事ソリューションの概要 をご確認ください。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: IaC、特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

HCL BigFix

HCL BigFix

BigFix Insights for Vulnerability Remediation with Tenable は、企業のセキュリティとIT 運用のギャップを縮小し、Tenable が検出して優先順位を付けた脆弱性と、最も適切な修正方法を自動的に相関させます。

この統合は HCL BigFix により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Hyperproof

Hyperproof

Hyperproof は、Tenable のデータ収集を自動化して、さまざまなコンプライアンス要件に対応します。企業資産回りのさまざまなシナリオに役立ちますが、設定によっては、特定の Tenable の資産のスキャン履歴をまとめることもできます。一般的なコンプライアンスフレームワークで証拠として利用できますが、Hyperproof はその他さまざまなコンプライアンスのシナリオにも対応できます。

この統合は Hyperproof により構築され、サポートされています。

チェック分類: GRC

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

IBM Security

IBM Security

Tenable の QRadar アプリと QRadar Vulnerability Manager (QVM) の統合は、Tenable.io、Tenable.ot、Tenable.ad が提供するサイバーエクスポージャーのインサイトと QRadar のログおよびフローの結合能力を組み合わせて、事象の相関、弱点に対する処置、コンプライアンス事項への準拠をしやすくします。

Tenable plugin for MaaS360 によって、セキュリティチームは MaaS360 が管理しているすべてのモバイルデバイスのサイバー上のリスク変動資産を把握することができます。

Tenable の IBM Cloud Pak for Security との統合により、共同顧客は Tenable.io からの脆弱性データを活用して、自社のクラウドセキュリティ体制への総合的な可視性を得ることができます。Cloud Pak for Security のユーザーは、Tenable の脆弱性データと連携した検索を通じて、データを 1 か所に移動せずに知見が得られるだけでなく、すべてのシステム全体で作業箇所を調整して優先順位付けできます。

Tenable App for Qradar、MaaS360、Cloud Pak for Security 向けの統合は、 Tenable により構築され、サポートされています。

QRadar VM アプリは、 IBM Security により構築され、サポートされています。

チェック分類: クラウドセキュリティ、モバイルデバイス管理、SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus、Tenable.ad、Tenable.io、Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: 有効

Illumio

Illumio

Illumio は、Tenable からの脆弱性データを使用して、脆弱なワークロードとその依存関係をお客様に可視化して提供します。これには、脆弱なシステムが通信したワークロードの表示と、脆弱なシステムが通信できるワークロードを検索する機能が含まれます。 さらに、Illumio を使用すると、お客様は自動化されたセキュリティポリシーを作成して、脆弱なシステムと通信するシステムを制限でき、脆弱性がパッチされるまで代替コントロールを適用できます。

この統合は Illumio により構築され、サポートされています。

チェック分類: ネットワークの細分化

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Infoblox

Infoblox

Infoblox IPアドレス管理と統合することで、新システムがネットワークに加わる際、あるいは、システム侵害を識別するインシデントの最中に、この製品はTenableを経由して脆弱性評価を即座にトリガーします。

この統合は Infoblox により構築され、サポートされています。

チェック分類: DDI

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

IntSights

IntSights

IntSights は、セキュリティチームが外部の脅威に対する可視性とコントロールを得ることを可能にする、唯一のオールインワン外部脅威保護ソリューションを企業に提供します。IntSights の統合により、Tenable からの脆弱性データが IntSights の Risk Analyzer モジュールに取り込まれます。これにより、組織を直接ターゲットとする外部の脅威を発見し、軽減することが可能になります。

この統合は Intsights により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Jenkins

Jenkins

Tenable.cs と Jenkins CI の統合により、ビルドパイプラインの違反について IaC ファイルをスキャンして、違反、ドリフトを追跡し、アプリケーションでアラートとエスカレーションを設定できるようになりました。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: Build System、CI/CD

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs、Tenable.io

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

JetPatch

JetPatch

JetPatch の Tenable との統合によって、セキュリティと IT チームは修正プロセスが簡素化でき、完全な脆弱性管理ソリューションが提供されます。適用が必要なパッチの数は膨大なので、お客様にとって、Tenable の脆弱性データに基づいて修正作業が実行できることが最も重要です。この統合は JetPatch により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

JFrog

JFrog

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: コンテナレジストリ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

JupiterOne

JupiterOne

JupiterOne と Tenable の統合により、Tenable の調査結果をインポートしてすべてのサイバー資産の関係を参照することによってアタックサーフェイスを把握できます。クラウドリソース、一時的なデバイス、ID、アクセス権、コード、プルリクエストなどが自動的に収集、グラフ化、監視されます。攻撃ベクトルの爆発半径を決定し、クエリ機能を備えた大幅に短縮した調査と対応で、30 秒以内に有益な情報を得ることができます。

この統合は JupiterOne により構築され、サポートされています。

チェック分類: クラウドセキュリティ、CMDB、サイバー資産管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

K2

K2

K2 Cyber Security と Tenable.io Web Application Scanning (WAS) の統合により、Tenable.io の API にアクセスして、Tenable.io と K2 Security Platform で検出された脆弱性の詳細情報を 1 つのレポートに集約するユーティリティが得られます。K2 は、検出された脆弱性に関する追加情報を含む詳細を Tenable のレポートに追加します。その中には、脆弱性が存在する正確なファイル名とコードの行の情報が含まれるため、コード内の脆弱性を素早く修正することが可能になります。K2 Cyber Security と Tenable の統合により、Tenable WAS によって検出された脆弱性と、K2 Security Platform によって検出された追加の脆弱性の正確なコードの場所を素早く発見して特定できるようになり、結果として脆弱性の修正が迅速に行われ、アプリケーション展開プロセスが加速化できます。

この統合は K2 により構築され、サポートされています。サポートのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください

チェック分類: アプリケーションセキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io - Web App Scanning

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Kenna

Kenna

Kenna (元 Risk I/O) は脆弱性スキャン結果をNessusから受け取り、他の評価情報と関連付けてお客様が事態を優先度付けする手助けをします。

この統合は Kenna により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Kion

Kion

Tenable.sc と Kion (旧 cloudtamer.io) の統合により、クラウド中心型のコンプライアンス問題を収集して操作することができる単一の宛先をお客様に提供します。Tenable.sc は、AWS アカウント内で発見された脆弱性を取得し、Kion コンプライアンスチェックを作成します。これらのチェックからの調査結果は、Kion コンプライアンスの概要に表示され、問題を検出、報告、修正するための取り組みを一元化します。

この統合は cloudtamer.io により構築され、サポートされています。 サポートが必要な場合は、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: クラウドセキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

LinkShadow

LinkShadow

LinkShadow と Tenable.sc の統合は、IT セキュリティの脆弱性を迅速に特定、調査、優先順位付けするためのリスクベースの観点を得ることを可能にします。また、お客様の環境における脆弱な資産や、ユーザー動作、関連するリスクについての高度な可視性を LinkShadow に提供します。

この統合は LinkShadow により構築され、サポートされています。サポートが必要な場合は、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: UEBA

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

LogicGate

LogicGate

LogicGate Risk Cloud™ のテクノロジーを主体としたこの統合によって、シームレスで自動化された方法で脆弱性データを取り入れることが可能になり、サイバーセキュリティ上のリスクが緩和されます。ユーザーは、Tenable.io が企業内で特定した脆弱性を Risk Cloud が適用するワークフローとつなげて、脆弱性のライフサイクル全体を承認から処理に至るまで総合的に管理し、全体的な GRC プログラムに反映させることができます。この統合を活用する企業は、脅威の動向を全体的な GRC 戦略に照らし合わせて総合的な視点を得ることができます。この統合は LogicGate により構築され、サポートされています。

チェック分類: GRC、IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

LogPoint

LogPoint

LogPoint 統合は、Tenable から脆弱性データを取得し、その結果と他のシステムからの観測結果を組み合わせて、インフラストラクチャのセキュリティリスクに関する実用的なインサイトを提供します。脆弱性レポートは、IT 環境の脆弱性と構成ミスをすばやく正確に特定し、調査して、優先順位を付けることができます。

この統合は LogPoint により構築され、サポートされています。サポートが必要な場合は、 [email protected]までご連絡ください。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

LogRhythm

LogRhythm

LogRhythm はダメージを与えるサイバー脅威を迅速に検知し、それに対応し、無効にする力を6大陸の企業に与えます。LogRhythmプラットフォームは最先端のデータレイクテクノロジー、AI、セキュリティアナリティクス、セキュリティ自動化および編制を、単一のエンドツーエンドソリューションに統一します。LogRhythmは AIよるセキュリティ運用センターの土台となり、ITおよびOT環境のためのクラウド、物理および仮想インフラストラクチャの保護を支援します。多くの賞賛の中でも、LogRhythm は GartnerのSIEM Magic Quadrantをリードする存在と評価されています。

この統合は LogRythm により構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Lumeta

Lumeta

LumetaとTenableの統合により、すべてのデバイスを統合的に可視化するために、脆弱性および資産データがコンテンツ管理データベースに同期されます。

この統合は Lumetaにより構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ManageEngine

ManageEngine

Tenable との統合により、Patch Manager Plus は脆弱性と資産データを Tenable.io からインポートできるので、抽出された脆弱性の修復に必要なパッチを検索し、さらに導入して解決することができます。

この統合は、 ManageEngine によって構築されサポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

McAfee

McAfee

この共同のソリューションにより、産業ネットワークに対する可視性、セキュリティ、コントロールを提供し、セキュリティ担当者が産業プロセスの安全性、信頼性、継続性を脅かす脅威を効果的に検出して緩和できるようになります。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Medigate

Medigate

Medigateは、医療提供組織のネットワークに接続済みのIoTおよびIoMTデバイスに対する詳細な可視性コンテキストをエクスポートし、この可視性データをTenable.ioが管理する資産に関連付けます。また、Medigateは、接続済みの資産に対してTenableの脆弱性データを取り込み、臨床的脆弱性およびリスク評価と統合されたこの情報を、接続された病院のすべてのデバイスのMedigateのダッシュボードに送ります。これにより、TenableおよびMedigateの共通のお客様は、リスクをより適切に評価し、臨床現場に接続されている医療機器とIoTの修復および緩和業務の優先度付けを行うことができます。

この統合は Medigate により構築され、サポートされています。

チェック分類: IoT セキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

MetricStream

MetricStream

MetricStream IT & Cyber Risk は Tenable.sc と統合した 1 つのシステムとなり、すべての資産とネットワークに潜む脆弱性を自動的に監視して捕捉し、系統的な調査と修正のプロセスを適用します。この合同システムを使えば、IT セキュリティ管理者は、脆弱性の特定、優先順位付け、修正をより迅速に実行でき、サイバーリスクの先行的な削減につなげることができます。

この統合は MetricStream により構築され、サポートされています。

チェック分類: GRC、IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Microsoft

Microsoft

Tenableは モバイルデバイスとそれに関連する脆弱性を検知するたため、Microsoft WSUS および SCCM と統合されました。Tenable は脆弱性を対象に Microsoft のオペレーティングシステム、アプリケーション、およびデータベースをスキャンし、その後、ガイドライン強化のために監査を行います。Tenable プラットフォームは、コンプライアンスについても監査を行い、Microsoft のシステムやアプリケーションを標的とする悪意のあるプロセスおよびマルウェアを特定します。

Tenable.io 用の Azure Connector は、Microsoft Azure クラウド環境における資産変化を自動的かつ継続的に検出して追跡することで、あらゆる変化に伴うすべてのインスタンスのエクスポージャーを確実に把握して評価できるようにします。

Microsoft ActiveSync と Microsoft Intune が Tenable に統合され、セキュリティ設定を検知して監査し、さらにモバイルデバイス内の脆弱性を検出します。Tenableは Microsoft Azureクラウドサービスも検知し査定して、構成ミスと攻撃者のエントリーポイントを識別します。

Azure Security Center Tenable.io と Azure Security Center の統合により、クラウド資産データが Azure から自動的にインポートされ、脆弱性の評価を行い、その結果を Azure に返送して修復を行えるようになりました。Azure Security Center は Tenable.ad とも統合されたため、Tenable の Active Directory インサイトと ASC の機能を組み合わせることで、AD リスクのさらなる理解、欠陥への対処、コンプライアンス基準の適合が可能になります。.

Azure Sentinel (SIEM) と Tenable.ad との統合は、Tenable の Active Directory に関する知見に Sentinel のログとフロー連結機能を組み合わせて、イベントの相関、欠陥への対処、基準に対するコンプライアンス適合能力を向上させます。

Tenable.cs と Azure Cloud Resources の統合により、セキュリティコンプライアンスを満たすためにクラウドリソースをスキャンできるようになりました。

Tenable.cs と Azure DevOps および Resource Manager の統合により、デプロイメント前に構成ファイルをスキャンして、コードリポジトリ内の既知の脆弱性を見つけることができます。

Tenable.cs と Microsoft Teams の統合により、スキャンの概要と、事前に構成されたチャンネルで発生した違反を通知できます。

最後に、Visual Studio Code (VS Code) の Tenable.cs 拡張機能により、VSCode を介して IaC ファイルとフォルダをシームレスにスキャンできます。

これらの統合は、Tenableが構築したもので、Tenable がサポートしています。

チェック分類: CSPM、モバイルデバイス管理、パッチ管理、SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ad、Tenable.cs、Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

MobileIron

MobileIron

モバイルデバイス管理に接続することで、Tenableのプラットフォームおよびインベントリモバイルデータに情報をプルしてデバイス上の脆弱性を検出します。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: モバイルデバイス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Noetic

Noetic

Tenable と Noetic の統合で、Tenable で識別された資産と、各資産で検出された脆弱性を含む脆弱性スキャン情報を、説明と重大度とともにインポートできるようになりました。Noetic で、このデータを EDR、CMDB、クラウド、ネットワークなどの他のセキュリティおよび UT データソースと相関および集約して、グラフデータベース内のすべての資産、脆弱性、および関連するビジネスコンテキストの包括的なビューを構築できます。コネクタには、単一または複数のホストに対してスキャンを開始するためのワークフローも含まれています。

この統合は、Noetic によって構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: Asset Discovery、CMDB

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Nucleus

Nucleus

Nucleus はお使いの Tenable スキャンをその他の脆弱性とセキュリティデータに統合して、スキャン結果に相関で得られた情報を付加し、その他のビジネスコンテキストとインテリジェンスツールとともに、自社環境固有な状況を全体的に把握できるようにします。情報の特定と優先順位付けの次には、ワークフローの自動化によって行動することが可能です。リスクから修正まで、すべてのインプットを追跡しながら実行できます。

この統合は Nucleus により構築され、サポートされています。 ご連絡は [email protected]まで

チェック分類: 脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Ordr

Ordr

Ordr システムコントロールエンジン (SCE) は、ネットワークに接続されたあらゆるデバイスを企業全体にわたって自動的に検出し、正確に分類します。Ordr SCE が Tenable.io および Tenable.sc の資産グループと統合されることで、Tenable が Ordr SCE の分類や独自の感度に基づいて、デバイスのスキャンや除外を行うことが可能になります。企業やヘルスケア組織は、これらのスキャン結果を利用して脆弱性を評価し、既存のネットワークやセキュリティインフラストラクチャを使用する、接続されたデバイスを規制・保護するための包括的なポリシーを作成することができます。

この統合は Ordr により構築され、サポートされています。

チェック分類: IoT セキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Owl Cyber Defense Solutions, LLC

Owl Cyber Defense Solutions, LLC

Tenable と Owl は連携して、ネットワーク間のダイオードベースのエアギャップを確保しながら、必要なデータの受け渡しを行います。Tenable.ot センサーは重要なネットワークと OT ネットワーク上に配置され、キャプチャしたトラフィックを OT ネットワーク外にある Tenable.ot に転送します。Owl は 2 つのネットワークを分離しますが、センサーから ISP へのはトラフィックは安全にギャップを通過できます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: Firewall (diode)

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Palo Alto Networks

Palo Alto Networks

Tenable.ot によって収集された ICS 資産の情報は、Palo Alto Networks ファイヤーウォール Dynamic Asset Group (DAG) に送信されるので、正確な資産の特定と分類の利点を生かしてポリシーを設定および更新できます。

この統合は Palo Alto Networks により構築され、サポートされています。

チェック分類: NGFW

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Patchdeck

Patchdeck

Patchdeck は、クラウドベースのパッチ管理ソリューションです。Windows、Linux、Mac の管理とパッチ適用を安全で使いやすい 単独のダッシュボードから行うことができます。Patchdeck の Tenable.io 統合によって、パッチと既存の脆弱性を紐づけることが可能になり、緊急に導入する必要のあるセキュリティパッチをタイムリーに効率よく適用することができます。この統合は Patchdeck により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Plixer

Plixer

Tenable.io と Plixer の統合は、Tenable の脆弱性に関するインサイトと、Plixer の Network Detection and Response (NDR) ソリューションによる、管理されたデバイスと管理されていないデバイス (ioT) の検出、プロファイリング、ネットワークトラフィック分析データを組み合わせます。この統合によって、Tenable が取得する特定のデバイスの情報を Plixer のプラットフォームのユーザーインターフェースに表示することもできます。

この統合は Plixer によって構築され、サポートされています。

チェック分類: IoT セキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Prisma™ Cloud

Prisma™ Cloud

Prisma Cloud は、包括的なクラウドネイティブのセキュリティプラットフォームです。開発ライフサイクル全体を通じて、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境をまたいだ業界で最も広範囲のセキュリティとコンプライアンスをカバーしており、その範囲はアプリケーションやデータ、クラウドネイティブなテクノロジースタック全体に及びます。Prisma Cloud の統合アプローチにより、セキュリティ運用チームと DevOps チームは俊敏性を保って効果的に連携でき、クラウドネイティブなアプリケーションの安全な開発と展開が促進されます。

この統合は Palo Alto Networks により構築され、サポートされています。

チェック分類: クラウドセキュリティ、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Puppet

Puppet

Puppet Remediate は、Tenable.io および Tenable.sc と統合されて協調して動作し、脆弱性の優先度付けと修復のための、情報セキュリティと IT 運用担当との間の脆弱性データの受け渡しを簡素化します。Tenable がクラウドおよびオンプレミスインフラストラクチャ上の脆弱性の検出を支援する一方で、Puppet はその脆弱性の修復に役立ちます。Puppet Remediate では、タスクを SSH および WinRM を介して実行することで、インフラストラクチャに変更を加えることができます。

この統合は Puppet により構築され、サポートされています。

チェック分類: オートメーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Qmulos

Qmulos

この統合では、構成スキャン結果および他のログデータを Tenable.sc から収集し、Qmulos の Q-Compliance 製品のダッシュボードに入力します。Q-Compliance は、Splunk を採用した統合リスク管理ソリューションです。企業の IT 資産から収集されたリアルタイムイベントに基づくデータ駆動型のアプローチを提供し、リスクとコンプライアンス体制を大規模かつ自動的に評価します。この統合を活用することで、企業は Tenable.sc からのデータを利用して、Tenable.sc によって導入されたセキュリティコントロールの有効性を継続的に監視して評価できます。

この統合は Qmulos により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: GRC

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Reciprocity Labs

Reciprocity Labs

Tenable.io のコネクタによって、Tenable.io のデータが自動的に ZenGRC に取り込まれ、脆弱性の特定と修正対策が効果的に運用されていることの証拠として利用されます。この自動処理により、コンプライアンス担当者は Tenable.io の管理者に別途証拠の収集などを依頼する必要がなくなりました。ZenGRC のための Tenable.io Connector はチーム全体の監査コンプライアンス業務の重荷を減らし、コンプライアンス担当者も、セキュリティ担当者も、各々の専門業務に集中することができます。

この統合は Reciprocity Labs により構築され、サポートされています。 サポートが必要な場合は、 [email protected]までご連絡ください。

チェック分類: GRC

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

RedHat

RedHat

Tenableは Red Hat Satelliteを統合し、Tenableの脆弱性スキャン結果とRed Hatによるパッチ状況レポートを関連付けます。スキャン結果とパッチを関連づけることで、企業はパッチプログラムの不一致を確認できます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

RedSeal

RedSeal

Tenableが発見した脆弱性とコンプライアンス違反を自動的にRedSealサイバーセキュリティ分析プラットフォームにエクスポートし、事態に優先度を付けて修復するために脆弱性を抱えたシステムをRedSealのアクセスパスと関連付けます。

この統合は RedSeal により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス、脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Rezilion

Rezilion

Rezilion のお客様は、Tenable との統合によって Tenable が検知した脆弱性の内、どれが自社環境の特定の実行状況において悪用される可能性があるかを把握することができます。Rezilion のプラットフォームが検知された脆弱性の情報を Tenable から取り込み、そのフィードを使って、メモリ内のコンポーネントが影響されているかどうか、実際に悪用される可能性があるかどうかを検証します。

この統合は Rezilion により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

RHD VM (ALFA Group)

RHD VM (ALFA Group)

RHD VM とTenable の統合は、インフラストラクチャとアプリケーションの脆弱性ライフサイクル管理を強化するものです。特定のニーズに合わせて簡単にカスタマイズできる、効率のよい修正プロセスを追加しています。ビジネスのコンテキストと脅威インテリジェンスデータによって資産と脆弱性をより深く理解できるので、セキュリティチームの修正活動に大きく貢献しています。

この統合は ALFA Group によ構築され、サポートされています。 サポートについてのお問合せは、 [email protected] までご連絡ください。

チェック分類: 脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

RSA

RSA

Tenable.sc と RSA Archer の統合は、事業主導のセキュリティソリューションとの組み合わによって、セキュリティ上に問題が発生した場合に、迅速かつ包括的にビジネスの文脈と照らし合わせる機能を提供します。その結果、効果的な対応と最も重要な事項の保護が可能になります。

この統合は RSA により構築され、サポートされています。

Tenable.ot とRSA NetWitness の統合は、すべての動作に関する情報の収集、分析、レポート作成を一括して行うソリューションを提供します。IT と OT のネットワークインフラ内のセキュリティ関連の問題の特定にかかる時間が削減されます。対象となる情報には、産業コントローラー、デバイスの動作、ファイルアクセス者の特定、特別権限のあるユーザーの動作、デバイスやネットワークの潜在的脅威、などが含まれます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: GRC, SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

SafeBreach

SafeBreach

Tenable.io のソリューションを SafeBreach に統合することによって、脆弱性のスキャンを攻撃のシミュレーション結果を相関させて、ユーザー環境で悪用が可能な脆弱性を識別して優先順位付けすることが可能になります。事業へのリスクが最も高い脆弱性を修正して、攻撃者による悪用のリスクが最も高い領域に絞った修復作業に集中することができます。修正作業のあとにはシミュレーションを実行して、脆弱性が削除されたことを検証してからケースをクローズすることが必要です。

この統合は SafeBreach により構築され、サポートされています。

チェック分類: 侵害および攻撃のシミュレーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

SaltStack

SaltStack

Tenable.io からの脆弱性データを自動的に SaltStack Protect にインポートし、重大な脆弱性を素早く修正して、セキュリティの脆弱性による Cyber Exposure を削減します。

この統合は SaltStack により構築され、サポートされています。

チェック分類: オートメーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

SecurityGate.io

SecurityGate.io

SecurityGate.io と Tenable.sc の統合は、クライアントの組織内のすべてのエンティティに資産インベントリビューを提供します。この統合は、脆弱性管理プロセスを効率化し、資産、ネットワークアクティビティ、およびイベントの全体​的構図を提供します。これにより、アナリストは修正の​優先順位を定めリスクを最小化することができます。

この統合は SecurityGate.io により構築され、サポートされています。

チェック分類: IRM プラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

SecurityScorecard

SecurityScorecard

SecurityScorecard External Risk Ratings と Tenable Lumin の統合により、サイバーヘルスの「アウトサイドイン」の視点と Lumin の Cyber Exposure Score (CES) と並べて比較できるようになりました。この追加によって、技術データを実行可能なインサイトに変換するサイバーエクスポージャーのわかりやすい視覚化により、内部および外部のリスク要因を C-Suite、取締役会、さらにはセキュリティ組織の​関係者に伝えることができます。この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: サイバーリスク評価

歯車 統合可能な Tenable 製品: Lumin

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Seemplicity

Seemplicity

Seemplicity の Tenable との統合は、 Tenable が提供する脆弱性データと他のセキュリティデータをまとめて修正担当チームとの接続を自動化し、検出された脆弱性や修正の測定を可能にします。できるようにします。修正タスクのキュー、深刻度のカスタム化、優先順位の設定、SLA によって修正までにかかる時間を短縮します。

この統合は、Seemplicity によって構築されサポートされています。

チェック分類: 修正の調整と実行

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ServiceNow

ServiceNow

Tenable は ServiceNow の Security Operations と共に、 一貫した可視性を企業に提供します。自動的に IT、クラウド、IoT 資産を検出し、継続的にシステムの脆弱性を評価し、脆弱性を資産のビジネス上の重要度とリンクさせ、データに基づいて事態の優先順位を決定し、修正作業を加速します。両者と提携されているお客様は、脆弱性が顕著な部分を優先して対処する自動ワークフローを実行することによって、時間を節約し、検出された脆弱性に関連する潜在的危険性を軽減することができます。ServiceNow との統合により資産の自動再評価のトリガーが可能になり、事態が十分に解決されたことを検証して完結できる、クローズループの修復プロセスが提供されます。

これらの統合は、Tenableが構築したもので、Tenable がサポートしています。

チェック分類: CMDB、チケッティング

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.ot、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: 有効

Siemens

Siemens

TenableとSiemensは戦略的パートナーシップを結び、産業資産ディスカバリーや脆弱性管理向けの新しいソリューションを用いてエネルギー、公共インフラ、石油、ガスを扱う企業を手助けします。Tenable.ot は、産業制御システムや統括的な制御とデータ取得のための SCADA システムに特化して構築された、安全で信頼できる資産の検出と脆弱性の検知を実行するソリューションです。Tenable の Nessus Network Monitor は脆弱性検知にあたって非侵入型アプローチを必要とする重要なシステムに向けて設計されており、パッシブネットワーク監視機能を使えば、OT に特化したソリューションが OT リスクを識別して優先順位付けします。企業は安全を保持することができ、重大な生産資産を安全で機能万全な状態に保つことができます。Siemens は Tenable.ot をセキュリティサービスとして提供していますが、ユーザーは資産の状態を常に把握することができ、迅速に確信をもってサイバーセキュリティを評価して理解し、最終的にはサイバーセキュリティのリスクを低減することに役立つ情報を入手することができます。

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Siemplify

Siemplify

Siemplify は総合的なセキュリティ運用プラットフォームを提供し、セキュリティアナリストがよりスマートに業務を行い迅速に対応するのを助けます。Siemplifyは、特許を取得したコンテキストにもとづいた調査を用いてセキュリティを組織化および自動化する機能と、直感的で一貫性のある測定可能なセキュリティ運用プロセスを届けるためのケース管理機能を独自に結びつけます。業界をリードする企業とMSSPは、SiemplifyをSOC Workbenchとして活用し、反復性の高いタスクを自動化し異なるセキュリティテクノロジーを統一することでアナリストの生産性を3倍にします。

この統合は Siemplify により構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Skybox Security

Skybox Security

Tenable.ot と Skybox の連携により、IT と OT の運用全体に対する可視性、セキュリティ、コントロールが得られます。この共同ソリューションにより IT と OT 環境全体の監視が可能となり、特定のポイントしか可視化しない他の製品では見落とされがちな脅威を、早期かつ包括的に検出して緩和します。

この統合は Skybox Security により構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Slack

Slack

Tenable.cs を Slack と統合して、事前構成された Slack チャネルで発生したスキャンの概要と違反を通知できます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 通知 / アラート

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.cs

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Snyk

Snyk

Tenable は、オープンソースアプリケーションとオペレーティングシステムの脆弱性情報を提供する Snyk 脆弱性データベースを Tenable.io Container Security に統合し、ソフトウェア構成解析の知見を得られるようにしています。

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Splunk

Splunk

Tenable と Splunk の統合は、Tenable の Cyber Exposure に関する知見に Splunk のログとフロー連結機能を組み合わせて、イベントの相関、欠陥への対処、基準に対するコンプライアンス適合能力を向上させます。Tenable のアプリケーションは他の Splunk のアプリケーションと簡単に併用できるよう、Common Information Model (CIM) に対応しています。これらの統合は Tenable.io、 Tenable.sc、Tenable.ot、Tenable.ad をサポートします。

Splunk Enterprise との統合は、Tenable により構築され、サポートされています。

Tenable は Security Orchestration Automation and Response (SOAR) ソリューションである Splunk Phantom とも統合されています。統合の対象は Tenable.sc です。

Splunk Phantom との統合は、Splunk により構築され、サポートされています。

チェック分類: NGFW, SIEM, SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ad、Tenable.io、Tenable.ot、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: 有効

ST Engineering

ST Engineering

ST Engineering を Tenable.ot と統合すると、企業内の最も重要なネットワークが、外部ネットワークから物理的にアクセスできなくなり、同時に Tenable.ot が機密ネットワークを監視します。

この統合は ST Engineering によって構築され、サポートされています。

チェック分類: Firewall (diode)

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Stellar Cyber

Stellar Cyber

Starlight と Tenable は、密接な統合により互いにシームレスに動作し、自動化を通じてセキュリティアナリストのスケーリングを支援することをお約束します。統合により Tenable の脆弱性スキャンデータを内部に取り込むことができます。それは過去に遡っての分析、検索、調査および対応のために Starlight のデータレイクに格納されます。Starlight の資産管理アプリケーションは、Tenable のスキャン結果から資産を動的に検出および管理し、資産に脆弱性が存在する場合は、それを自動的に他の検出されたセキュリティイベントと関連付けます。Starlight は、資産とその脆弱性、および関連するセキュリティ体制を可視化する、一元化されたインターフェイスを提供しながら、資産固有のセキュリティイベントおよび Tenable の脆弱性スキャン結果からの情報を通して、資産のリスクスコアを提示します。

この統合は Stellar Cyberにより構築され、サポートされています。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Sumo Logic

Sumo Logic

SumoLogic が提供する Tenable 脆弱性データの取り込みのサポートが自動的にCloud SIEM で正規化され、Tenable の脆弱性と他のセキュリティイベントをリアルタイムで相関付けることができるようになりました。向上された可視性により、セキュリティアナリストがオンプレミス、ハイブリッド、マルチクラウドインフラストラクチャをシームレスにモニタリングできます。

この統合は Sumo Logic により構築され、サポートされています。[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: SIEM

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Swimlane

Swimlane

Swimlaneは、時間を要する手動プロセスと運用ワークフローを自動化することで、強力な統合分析、リアルタイムのダッシュボード、そしてセキュリティインフラストラクチャ全体からのレポート生成を行います。過剰な負担がかかり人員が不足しているセキュリティオペレーションは、SwimlaneとTenableを併用することにより、インシデントへの対応能力を最大化し、リスクを軽減できます。

この統合は Swimlane により構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Symantec (Broadcom 関連企業)

Symantec (Broadcom 関連企業)

Tenable は Risk Fabric と Altiris の両製品と統合しています。Risk Fabric は Tenable ソリューション由来の脆弱性および脅威のデータを統合し、重大な脆弱性とユーザー主導のエクスポージャーに対する優先順位付けを支援して、自動化された修正の提案を行います。Altiris の統合は、Symantec が報告するパッチステータスを Tenable の脆弱性データと相関させて、企業のパッチ適用状況が正常かどうかを明らかにします。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: パッチ管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ThreatConnect

ThreatConnect

アナリストによって設計され、チーム全体(セキュリティ運用、脅威インテリジェンス、インシデント対応、およびセキュリティリーダーシップ)のために構築された、ThreatConnectのインテリジェンス主導型セキュリティ運用プラットフォームは、単一プラットフォームでインテリジェンス、自動化、分析、およびワークフローを備えた唯一のソリューションです。インテリジェンスを一元化し、一か所でプロセスの一貫性を確立し、運用のスケーリングを行い、有効性を測定しましょう。

この統合は ThreatConnect により構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR、脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ThreatNG

ThreatNG

Tenable と ThreatNG の統合は、境界外にある資産の継続的な可視化を提供して、Tenable.io にインポートすることによって、さらなる処置、優先順位付け、修復を可能にします。ThreatNG は構成可能なソリューションです。あらゆる種類と規模の組織が、技術および事業のアタックサーフェスを構成する外部のデジタル資産を発見して、理解、管理、グレード付けやスコアリングによる定量化を実行できるように支援します。対象になるデジタル資産には、クラウドの露呈、コードの露呈、サブドメインその他があり、自己および第三者による監視に使う設定変更が可能なリスクスコアが提供されています。

この統合は ThreatNG により構築され、サポートされています。

チェック分類: 資産検出、脅威インテリジェンスプラットフォーム

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ThreatQuotient

ThreatQuotient

ThreatQuotientの使命は、脅威中心型プラットフォームでのセキュリティ運用の効率と効果を向上させることです。Tenableの豊富なCyber Exposureデータを取り込むことで、ThreatQuotientは、チームやツール、そしてその相互間での調査や協力を促進し、簡略化しています。自動化、優先度付け、および可視化によって、ThreatQuotientのソリューションは、不要なノイズを低減するとともに最も優先度の高い脅威を明らかにし、限られたリソースに対してフォーカスと意思決定サポートを提供します。

この統合は ThreatQuotient により構築され、サポートされています。

チェック分類: 脅威インテリジェンス

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Thycotic

Thycotic

Thycotic Secret Serverとの統合によって特権システムによるホストへのアクセスが単純化され、より正確で迅速な脆弱性評価が可能になります。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Trellix

Trellix

Trellix XDR は、Tenable.io を Helix とシームレスに連結して、Tenable.io の業界最先端の資産リスク分析機能を活用します。 この強力な組み合わせが提供する、資産に関する深い知識が Helix のアラートレベルを上げるので、以前は気が付かなかったような問題の把握が可能になります。

この統合は Trellix によって構築され、サポートされています。

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Tufin

Tufin

Tufin は Tenable との統合により、ユーザーが選択したネットワーク領域の資産の脆弱性を、それが悪用される原因となるサービスやプロトコルを含めて、既存のアクセスを利用して分析します。Tenable.io と Tenable.sc からの脆弱性情報は、Tufin 内の脆弱な資産プロファイルで利用可能になります。これは修正のために適用が必要なパッチを判断するために利用されます。コンテキストによってユーザーは、脆弱かつアクセス可能な資産の悪用を防ぐために緩和コントロールを設計したり、アクセス変更要求を開始したりできるようになります。

この統合は Tufin により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: オートメーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Visium

Visium

Visium と Tenable の統合により、CyGraph のコンテキストベースの脅威認識のメリットが可能になります。脅威、根本原因、軽減措置をリアルタイムですばやく直感的に理解できます。Tenable 用の CyGraph API コネクタが自動的に継続的に Tenable のデータを取り込み、重要な情報を表示し、コスト節約とデジタル評価向上の効果があります。CyGraph をアセットと組み合わせて、さらに Tenable が提供する脆弱性情報を加えると、ノードとアプリケーションの関連性が評価しやすくなり、リスク監視と緩和に訳出します。

この統合は Visum により構築され、サポートされています。サポートが必要な場合は、 [email protected]までご連絡ください。

チェック分類: 脆弱性管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

VMware Workspace ONE

VMware Workspace ONE

モバイルデバイス管理に接続して情報を抽出して、Tenable のプラットフォームとインベントリモバイルデータに取り込み、プルしてデバイス上の脆弱性を検出します。旧 VMWare AirWatch

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: モバイルデバイス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Vulcan Cyber

Vulcan Cyber

Vulcan Cyber と Tenable との統合によって、ユーザーは修正業務に集中して、修正作業を完了できるようになります。Vulcan の修正インテリジェンスは、ビジネスに最も影響を与える脆弱性を優先順位付けし、脅威を軽減するのに必要な対応策や修正内容を付加します。それを受けて、プラットフォームがその他に必要な修正プロセスと統合を調整して実行、測定し、パッチやチケッティングシステムとツールに入力し、同時に可視性、監視、記録機能をフルに適用します。

この統合は Vulcan Cyber により構築され、サポートされています。 サポートが必要な場合は、 [email protected]までご連絡ください。

チェック分類: 修正の調整と実行

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

W@tchtower

[email protected]

[email protected] は Tenable.sc との統合によって [email protected] Platform に脆弱性データをもたらし、それを IOC のような他の重要な情報と関連付けて、対話型の調査ツールやインシデントチケット、ワークフロー、ダッシュボードで利用できるようにします。[email protected] と Tenable の併用により、現在直面している脅威に応じて、脆弱性のパッチ適用にたやすく優先順位を付けることが可能になります。

これらの統合は、[email protected] によって構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡

チェック分類: SOAR

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

WALLIX

WALLIX

Tenableと統合された WALLIX Bastion PAM ソリューションにより、お客様はアタックサーフェスを縮小し、特権アクセスの管理を単純化して規制へのコンプライアンスの要件を満たすことができます。

この統合は Tenable により構築され、サポートされています。

チェック分類: 特権アクセス管理

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io、Tenable.sc

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Waterfall Security

Waterfall Security

Waterfall USG と Tenable.ot の統合により、社内の重要なネットワークが外部ネットワークから物理的にアクセスできないことを徹底すると同時に、影響を受けやすいネットワークを Tenable.ot で監視できます。

チェック分類: Firewall (diode)

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.ot

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

XM Cyber

XM Cyber

XM Cyber の Tenable との統合は、攻撃経路に関するインテリジェンスを提供し、企業の最重要資産を侵害する攻撃がネットワーク内を横断するときに使われる主要なシステム、資産、デバイスなどを衝き止めます。この情報を得ることによって、企業のセキュリティ体制にとって最もリスクが高いものを優先順位付けして最初に修正することができるので、コスト効率のよい修正作業が可能になります。この統合は XM Cyber により構築され、サポートされています。

チェック分類: 侵害および攻撃のシミュレーション

歯車 統合可能な Tenable 製品: Tenable.io®

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

ZeroNorth

ZeroNorth

ZeroNorthは、Tenable.io WASと組み合わせて単一のアプリケーションセキュリティプラットフォームを構築することにより、統合的にリスク管理を行い、アプリケーションスタック全体の脆弱性を可視化しています。

この統合は ZeroNorth により構築され、サポートされています。サポートについてのお問い合わせは、[email protected] までご連絡ください。

チェック分類: アプリケーションセキュリティ

歯車 統合可能な Tenable 製品: Nessus、 Tenable.io

フラグ Tenable FedRAMP のサポート: なし

Cyber Exposure パートナーエコシステムにご参加ください

Cyber Exposure パートナーエコシステムは、Tenable™ Assure パートナープログラムの一部として、 Tenable のテクノロジーパートナーとチャネルパートナーが、お客様の課題を解決する革新的なソリューションをより簡単に構築して 展開するために作られた新しいプログラムです。パートナーのレベル付けと手数料の廃止、 Tenable.io と Tenable.sc との統合が構築できるセルフサービス機能などが特徴です。Tenable は、テクノロジーエコシステムとともに歩み、時代の変化に足並みを揃えて統合を維持できるよう、 全力でサポートいたします。ご不明な点がございましたら、[email protected] までお問い合わせください。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格の有効期間が12月末日まで延長されました。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

サポートとトレーニングを追加