Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

libssh認証バイパスの脆弱性(CVE-2018-10933)

Secure Shell(SSH)プロトコルをサポートするマルチプラットフォームライブラリlibsshの新たに公開された脆弱性により、攻撃者は認証を迂回して脆弱なサーバーを完全に制御できます。

背景

10月16日、libsshチームはlibsshバージョン0.6以上の脆弱性に関する重要なセキュリティ更新プログラムを公開しました。libsshは、Cで書かれたマルチプラットフォームライブラリであり、SSHプロトコルをサポートし、クライアントアプリケーションとサーバアプリケーションの実装に使用されます。セキュリティ更新プログラムは、認証バイパスの脆弱性(CVE-2018-10933)を解決します。 テナブルの製品はCVE-2018-10933に脆弱ではないことが確認されています。

影響の評価

インターネットに接続されたデバイスの検索エンジンShodanを使用すると、約2,000台のデバイスがlibsshバージョン0.6以上を実行していることが分かりました。しかし、libsshの使用の全範囲は不明です。 さらに、libsshの脆弱なインスタンスは、クライアントモードではなくサーバーモードで実行する必要があり、この脆弱性の影響を制限する可能性があることが報告されています。

脆弱性の詳細

ibsshを使用してサーバに認証するとき、認証を開始するための "SSH2_MSG_USERAUTH_REQUEST"メッセージを受信することが予期されます。 しかし、脆弱性のあるバージョンのlibsshを実行しているサーバーには、"SSH2_MSG_USERAUTH_SUCCESS"というメッセージが表示されます。これにより、誰でも資格情報を提供せずにサーバにアクセスできるようになります。

以下は、Tenable Researchのスクリーンショットです。弊社ラボのテストシステムでこの脆弱性が確認されています。

Tenable Researchは、弊社のラボでテストシステムでlibsshの脆弱性を確認しました

緊急措置が必要

この脆弱性はlibsshのバージョン0.8.4と0.7.6で対処されているので、サーバーのディストリビューションからパッチがリリースされたらすぐにサーバーを更新することが重要です。さらに、ソフトウェア作成者がサーバーモードでlibsshライブラリを実装する場合、ライブラリを最新バージョンに更新する必要があります。

2018年10月19日の更新DebianUbuntuおよびSUSEを含むいくつかのディストリビューションがこの脆弱性に対処するパッチをリリースしました。さらに、シスコとF5 Networksは自社製品のセキュリティアドバイザリーを発表しています。シスコは現在、自社の製品ラインを調査して、libsshの脆弱性の影響を受けるかどうかを判断しています。F5 Networksは、BIG-IPアプリケーション配信コントローラに関するアドバイザリーを発表し、Advanced Firewall Manager(AFM)の脆弱性を列挙していますが、同社はまだパッチを提供していません。

攻撃されたシステムの特定

この脆弱性を特定するためのNessusプラグイン一覧はこちらです。

プラグイン118154の出力(エクスプロイトプラグイン)は以下に示されています。

テナブルプラグイン118154、エクスプロイトプラグイン

この画像はlibsshのバージョンを確認するプラグイン118155の出力で、正確性が「潜在的な誤警報を表示する」に設定されている場合にのみ報告されます。

テナブルラグイン118155、libsshバージョンをチェック

詳細情報を入手する

現代のアタックサーフェスを総合的に管理するCyber Exposureプラットフォーム、Tenable.ioの詳細はこちら。Tenable.io Vulnerability Managementの60日間無料トライアルをお試し下さい。

Tenableブログを購読する

購読する
無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.ioを試す

30 日間無料

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.ioを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

2,275ドル

今すぐ購入

無料でお試し 今すぐ購入

Nessus Professionalを無料で試す

7日間無料

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加していただくと、電話、メール、コミュニティ、チャットサポートを年中いつでもご利用いただけきます。詳細についてはこちらを参照してください。

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のWebアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なWebアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDNs

3,578ドル

今すぐ購入

無料でお試しください セールスにご連絡ください

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOpsプラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポート

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Industrial Securityについてもっと知る

Tenable.scのデモを入手する

以下のフォームに連絡先をご記入ください。営業担当者からデモのスケジュールについてご連絡いたします。短いコメントもご記入いただけます(255文字まで)。アスタリスク(*)マークの付いた欄は必須です。

無料でお試しください セールスにご連絡ください

Tenable Luminを試す

30 日間無料

Tenable Luminを使用して、Cyber Exposureを可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Luminを購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上でLuminがいかに役立つかについて、Tenableの営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.ot のデモをリクエストする

オペレーショナルテクノロジーのセキュリティを強化しましょう。
リスクを軽減しましょう。