Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

ネットワーク評価を調整してパフォーマンスとリソース使用量を向上

ネットワーク評価を調整してパフォーマンスとリソース使用量を向上

ジョブに適したツールを使用し、スキャナーの配置を最適化することにより、Nessus、Tenable.io、Tenable.sc のスキャンの効率を大幅に高めることができます。

Nessus を大規模な環境、または、固有の環境で使用する場合、スキャン時間、ターゲットリソースの使用量や評価の有効性のバランスをとることが難しいことがあります。このブログ記事では、スキャン時間を最適化し、スキャンターゲットとネットワークインフラの負荷を軽減するための一般的な設定について説明します。

まず、ターゲットと目標に適したスキャンと評価方法を検討します。異なるタイプのシステムには、異なる評価方法が必要です。また、ホストやネットワークのスキャンを実行する際には、次のようなさまざまな目標があります。

  • 大規模なネットワークをスキャンし、そこにあるホストを確認する
  • リモート ユーザー ワークステーションの脆弱性を評価する
  • セキュリティベースラインに対して Apache の設定を確認する
  • 機密性の高いネットワークに、変更管理に含まれていないシステムが追加されていないことを確認する

これらの各シナリオでは同じ基本設定を使用できますが、IT 環境はそれぞれ固有であるため、それぞれを最適化する方法を理解することによりプログラムがより効果的に機能します。

評価の目標

評価の目標に応じて、一般的なネットワークスキャンよりも効率的な方法を利用できます。上記の例で見てみましょう。

要約すると、最初のステップは、ジョブに適したツールと設定を使用していることを確認することです。

同時評価

最も効果的な評価方法を検討する場合、多くのシステムを同時にスキャンすることは常に最良の選択肢であるとは限りません。ツールが対応できるからと言って、しきい値まで最大限に活用する必要はもありません。次の例を考えてみましょう。

  • スキャンからのネットワークトラフィックが単一のボトルネックを通過する場合、ネットワークインフラは、評価されるホストの数に圧倒される可能性があります。
  • ストレージやコンピューティングリソースなど、同じ基盤となるインフラを共有するホストをスキャンし、多くの評価が同時に開始されると、これらのシステムが圧倒される可能性があります。
  • 一部のチェックでは、評価の一環として、他のローカルまたはインターネットインフラにクエリを実行します。これにより、追加の接続でインフラが圧倒されたり、明示的に評価されていないシステムにクエリが送信されたりする可能性があります。

ほとんどの使用例では、スキャンターゲットを同時評価するデフォルトのスキャン設定で十分です。ただし、パフォーマンスを向上させるためにスケールアップしたり、インフラへの影響を軽減するためにスケールダウンすることもできます。特定の問題に対処するためには、次のような他のスキャン設定のオプションを利用できます。

スキャナーのリソースと配置

一般に、Nessus センサーは、可能な限り推奨されるハードウェア要件を満たす必要があります。これにより、Nessus は大半のネットワーク サイズに適切にスケーリングし、様々な評価を一度に実行できます。

Nessus の最小要件を満たす専用のハードウェアまたはリソースがない場合は、機能は低下しますが、共有リソースを使用できる場合があります。通常、10 個のシステムを備えたオフィス トレーラー内で共有される Windows サーバーは、Nessus をインストールするのに十分で (10 個のターゲットのみをスキャンする場合) 、Nessus 専用の新しいシステムをセットアップするよりも理にかなっています。

ネットワーク評価のパフォーマンスとリソース使用量の調整 -- 画像 #2a

また、スキャナーは評価するターゲットのできるだけ近くに配置する必要があります。たとえば、個別のクラス B サブネットが 25 個ある地域分散型ネットワークでは、中央集中型ハブまたは堅牢なバックボーンがない場合、それぞれにスキャナーがあると便利です。ターゲットにできるだけ近くスキャナーを配置することにより、次のようなさまざまな目標を達成できます。

  • ターゲットと同じサブネットにある場合は ARP を使用する
  • スキャン時のインフラの負荷を軽減、または、負荷をゼロにする
  • ネットワーク通過時間を短縮化し、スキャンをスピードアップする

ただし、これはすべての環境で常に可能で、最適であるとは限りません。上記のシナリオでは、おそらく各ネットワークにインフラがないことが示唆されます。インフラを作成するには膨大なコストがかかります。この場合、他のタイプのテクノロジー (Nessus エージェント、Raspberry Pi 上の Nessus、Nessus ネットワークモニターなど) をデプロイしても、同じ最終目標を達成できる可能性があります。 

エンタープライズ プラットフォームの設定

スキャン時間を短縮する最も簡単な方法の 1 つは、使用するスキャナーの数を増やすことです。Tenable.io や Tenable.sc などの Tenable Enterprise プラットフォームを使用すると、制限なく必要な数だけスキャナーが制限なくデプロイできるので、複雑なネットワーク設定が可能です。

ネットワーク評価のパフォーマンスとリソース使用量の調整 -- 画像 #3

また、Tenable.io (スキャナー グループ) と Tenable.sc (スキャン ゾーン) を使用すると、スキャナーを論理的にグループ化し、1 つのスキャンタスクを多数のスキャナーに分割することができます。これにより、任意の時点でテストされる同時ホストが事実上増加し、スキャナーリソースに関する潜在的なボトルネックが緩和されます。

ただし、スキャナーの数を増やすと、エンドポイントへのネットワークトラフィックと接続の量も増えることに注意してください。スキャナーが不適切に配置されていたり、スキャンポリシーに追加の設定が行われている場合、ネットワークインフラが圧倒される可能性があります。ネットワークの使用状況を監視し、社内のインフラチームと変更を調整して、実稼働ネットワークに影響を与えないようにすることをお勧めします。

ネットワーク評価の効率化に影響を与える要素は数多くあります。この記事では、基本的な評価目標の計画、多数のホストの同時評価、スキャナーの配置とリソースの使用状況の確認、Tenable.io および Tenable.sc の複数のスキャナーに関する機能の使用について説明しました。

もっと詳しく

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格の有効期間が12月末日まで延長されました。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

サポートとトレーニングを追加