Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

重要インフラのサイバーセキュリティ強化に向けて CISO、規制当局、ベンダー、市民ができること

重要インフラのサイバーセキュリティ強化に向けて CISO、規制当局、ベンダー、市民ができること

コロニアルパイプラインのランサムウェア攻撃から 1 年が経過しましたが、発電所、燃料パイプライン、水処理施設などの重要インフラの IT および OT システムを守るために、サイバーセキュリティ対策を強化するにはどうすればよいのでしょうか。

2021 年 5 月、ランサムウェア攻撃を受けたコロニアルパイプライン社は、操業停止に追い込まれ、重要インフラの IT および OT システムを保護することがいかに重要であるかということが改めて浮き彫りになりました。

このサイバー攻撃は、約 1 週間米国の複数の州でのガソリン、ディーゼル、ジェット燃料の供給に大きな問題を引き起こし、新法案や規制が提案されるなど政府や業界トップレベルでの対応が必要となりました。

コロニアルパイプラインのランサムウェア攻撃から 1 年が経過し、当初のショックは過ぎ去りましたが、重要インフラのサイバーリスクに対する懸念は依然として注目されています。発電所、燃料パイプライン、水処理施設などを守るために、サイバーセキュリティ対策を強化するにはどうすればよいのでしょうか。

OT サイバーセキュリティを専門にする前に、私は ICS エンジニアとして産業用制御システムの構築、保守、トラブルシューティングを担当していたので、重要インフラの防衛には非常に高い関心があります。

私は最近、ポッドキャストや LinkedIn Live でこの課題を取り上げましたが、ここでは、米国政府、CISO、サイバーセキュリティベンダーや市民が実行できる具体的なステップをいくつか紹介します。

CISO、CIO、ビジネスリーダー

  • 重要インフラ事業者の CISO、CIO、およびビジネスリーダーは、これらの施設の運営がますますデジタル化されるにつれて、サイバーセキュリティにより多くのリソースを割り当てる必要があることを認識しなければなりません。必ずしもサイバーセキュリティへの予算増加を主張しているわけではありませんが、最も重要な OT および ICS システムに優先的にリソースを割り当てる必要があります。
  • また、IT とサイバーセキュリティのリーダーは、OT システムのサイバーセキュリティ対策における最も重要なコンポーネントは従事する人材であることも認識しなければなりません。トレーニングや経験なしでは、日常的な施設の運営を担当する ICS エンジニアが、サイバーセキュリティを担当することは無理です。OT サイバーセキュリティには、経験豊富で訓練を受けた専任のチームが必要です。
  • OT サイバーセキュリティの専門家は、ICS エンジニアをシャドウイングして、施設運用を実地から理解し、サイバーセキュリティに関する決定事項が運用にどのような影響を及ぼすのかを明確に把握する必要があります。
  • 企業アプリケーション、Web サーバー、課金環境などの目立つ主なシステムだけでなく、すべての IT および OT システムを完全に可視化することが重要です。多くの場合、最弱点は、一時的にインストールされた後、忘れられた目立たないシステムであり、これらは十分にセキュリティ保護されていない可能性があります。そのため、すべてのシステムの包括的なインベントリを作成し、各システムが果たす役割を理解する必要があります。
  • 脆弱性はサイバー犯罪者によるランサムウェア攻撃に簡単に悪用されるので、脆弱性を修正または軽減することが重要です。産業制御システム (ICS) 環境ではレガシーソフトウェアが広く使用されているため、サイバー攻撃の脅威にさらされています。

ベンダー

  • ICS ベンダーは、自社製品のセキュリティ保護を強化する必要があります。多くのレガシー ICS システムの安全性には、設計上の欠点があります。これらは、セキュリティプロトコルや認証されたファームウェア更新を承認するメカニズムなどのデフォルトのセキュリティ機能を組み込むように再設計する必要があります。

米国連邦政府

  • 重要インフラ事業者の OT・IT システムを保護するベースラインの標準が確実に適用されるようにする規則や規制を策定するのは、政府の役割です。これらを真に効果的なものとするには、規則や規制の要件が結果指向である必要があります。つまり、達成すべき目標と成果の概要を明らかにすることが重要で、過度に詳細で規範的な規則や規制はあまり効果が期待できません。政府による規制の見直しには時間がかかるため、急速な技術の進歩に追いつけなくなるからです。
  • 政府は、政府機関においては実践的な危機的状況の対応訓練を企画、実施して先導していますが、民間部門と OT サイバーセキュリティ対策を共有すれば、全国で運用されているさまざまな ICS のデプロイメントをより詳細に理解できるので良いことだと思います。

市民

  • 上記で取り上げた最初の 3 つのカテゴリに含まれていない大多数の人を含め、すべての人が重要インフラのサイバーセキュリティに関心をもつ必要があります。いま私たち市民にできることは、意見を主張することです。積極的に活動に参加したり、州政府知事および地方政府市長に電話したり、意思決定者が住民からの意見を聞く公開フォーラムに参加して、有意義な会話をすることです。OT サイバーセキュリティは他人ごとではありません。誰もが影響を受けます。

これらのトピックについての詳細は、Tenable の同僚である Dan Raywood とのポッドキャスト コロニアルパイプラインから 1 年後の OT セキュリティの現状 (The State of OT Security, a Year Since Colonial Pipeline) と CNN サイバーセキュリティレポーター Sean Lyngaas との LinkedIn Live セッション コロニアルパイプライン事件から 1 年: 学んだことを振り返る (Colonial Pipeline One Year Later: What Have (and Haven’t) We Learned?) をご視聴ください。

また、6 月 15 日午後 2 時 (米国東部時間) に開催される交通機関に焦点を当てた OT ウェビナー「運輸部門のビジネスが直面している最も一般的なサイバーセキュリティの課題」にご参加ください。このウェビナーは、運輸保安局 (TSA) のパネリストと 2 人 のパートナーとともにホストします。今すぐこのウェビナーにサインアップしてください!

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

7 つの追加サポート