Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

汝自身の資産を知れ: 工業環境セキュリティ確保の第一歩

オペレーショナルテクノロジーのシステムが新たなサイバーリスクにさらされる中、包括的で詳細な資産インベントリがあれば、重要な産業環境の防御を最大化できます。

オペレーショナルテクノロジー (OT) はしばらく前からあるものですが、もっと一般的な IT と平行して、しかし別々に発展してきました。両者の間には顕著な違いがあります。 

IT 時代の到来は、パソコンの登場で誰にでも接続性や適用性が提供され、常に目立つ存在でした。IT において最も重要なものは「CIA」、つまりデータやネットワークの confidentiality (機密性)、integrity (整合性)、そして availability (可用性) です。これらの条件を考慮すると、アップタイム、冗長性、セキュリティが最も重要であり、IT マネージャーは従来型のテクノロジーを定期的に最新の優れたテクノロジーに更新し、何よりも先に CIA が維持されるように取り組んできました。 

OT が IT よりも重要性を欠くということではないのですが、OT はバックエンドのシステムを実行するという目的から、人目に付かないところに置かれてきました。データの送受信がないため、クローズドシステムとして運用され、「一度設定すればそれでよい」という概念が一般的で、隔離された場所で使われてきました。最も重要なことは信頼性と安全性です。定期的なシステム変更は行われず、場合によっては何十年もの間ほったらかされたまま、重要な役割を実行し続けています。工場の稼働当初から今日に至るまで、OT 環境が一度も更新されていない事例もあります。

現代の OT システム

OT システムには、これまでサイバーリスクとの関連が認められたことがなかったため、基本的な保守作業以外に特にするべきこともありませんでした。しかし、OT システムがバックグラウンドでたんたんと稼働している中、その信頼性が弱点となってしまいました。今日では、ずっと前に設置して忘れ去られていた OT システムのセキュリティニーズが高まり、ベテランも新人も皆、OT に対する考え方を見直しています。 

OT インフラストラクチャと IT ネットワークの融合が進み、この 2 つの環境の間をデータが比較的簡単に行き来するようになりました。いわゆる「エアギャップ」がいまだに残っている OT システムでも、ヒューマンマシンインターフェース (HMI) や USB メモリーなどの形で IT デバイスが OT 環境と通信することが一般的です。このようなハイブリッド環境は「偶発的なコンバージェンス」や横方向のセキュリティ脅威を生じさせる可能性があり、従って OT システムは、従来型の IT システムと同じレベルの、または多くの場合それ以上のリスクにさらされています。

OT インフラストラクチャの完全なインベントリを作る

環境のセキュリティ保護は、そこに何があるのかを知ることから始まります。この最初のステップは、何十年とまではいかなくても何年も前に設置された OT 環境で特に重要です。多くの場合、OT 環境を構築した当初のチームメンバーは既に離職していて、引き継いだ資産には記録のないものも多数あることが考えられます。また、どの資産が互いに通信し合っているのか、ファームウェアのバージョン、バックプレーン情報や、エンドユーザーのアクセス制御などの詳細情報が適切に文書化されていない、または更新されていない可能性があります。簡易的な資産インベントリを超えた、深い状況分析を行うことは、OT 環境の現状を踏まえて必要なセキュリティを適用する上で非常に重要なステップです。簡単に言うと、そこにあることがわからないものはセキュリティの対象にできない、ということです。

最も脆弱な部分を特定する

OT の状況を正確に把握したら、次は環境に存在する弱点にパッチを適用して、潜在的なアタックサーフェスを縮小させる取り組みを継続することが重要です。新たな脆弱性は毎日のように発表されています。2020 年の 1 年間だけでも、発表された件数は 18,358 件に上ります。そのような中で、常に最新情報を把握し続けることは、どんなに強壮なセキュリティチームにとっても困難です。しかし、最新の資産インベントリを維持して理解を深めることによって、関連するエクスプロイトが確認されている、環境内の資産特有の脆弱性にフォーカスすることができます。この方法で脆弱性の数を数百件まで絞り込むことができ、より管理しやすくできます。 

ここからさらに Tenable の予測に基づいた優先順位付けプロセスで生成できる Vulnerability Priority Rating (VPR) を活用することで、主要指標と照らし合わせながら、保守作業中に各エクスプロイトにパッチを適用する優先順位を決定することができます。環境に存在する脆弱性それぞれに優先順位を付けることで、チームが最も重大なエクスポージャーに真っ先に対応できるよう徹底し、既存のセキュリティリソースでリスクを最小限に抑えることができます。 

信頼できるエコシステムの構築

OT セキュリティシステムを構築する際には、多くの重要な要素や機能が必要になります。これには変則的な挙動やポリシー違反、ユーザーアクセスや変更管理に対する通知やアラームが含まれます。おそらく最も明白でありながら見落としされがちな OT セキュリティのベストプラクティスは、OT セキュリティシステムを「他のシステムと上手く連携させる」ことでしょう。次世代ファイヤーウォール (NGFW) 、セキュリティイベントとインシデントのための管理 (SEIM) ツールなど、既に導入されているすべてのセキュリティツールは、OT セキュリティソリューションから重要な情報やインサイトを受け取ることで、主要 OT データを取り込み、より効果的な多層防御体制を構築することができます。

まとめ

セキュリティは過程であり目的ではありません。OT と IT の双方にセキュリティの観点からスポットライトが当たっている今、油断せず、企業環境の OT と IT の双方を合理化するセキュリティ対策を導入することが必要です。適切なセキュリティを採用することで、セキュリティに妥協することなく、また、企業を許容できないリスクにさらすことなく、新しい革新的なテクノロジーの導入促進が実現できます。

もっと詳しく

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格は 9 月 30 日に終了します。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

7 つの追加サポート