Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

DevOps がセキュリティにおいて画期的である3つの理由

DevOps の革命によって サイバーセキュリティの課題が増えている理由については、よく論じられてきました。大きな理由として考えられるのは、現在、DevOps のスプリントやスクラムにセキュリティチームがほとんど存在しなくなっていることです。サイロの破壊とコラボレーションの促進をうたう規律において、セキュリティを考慮に入れていないために、大きな Cyber Exposure Gap が生まれ、対処する必要が生じています。その結果、サイバーセキュリティは、終わりのないモグラ叩きゲームのように、リリース後に資産とアプリケーションを識別して保護するために格闘し続けています。もっと優れた方法があるはずです。

コンテナセキュリティのベストプラクティスを入手: ハウツーガイド

そして幸いなことに、その方法は存在します。もっと DevOps を活用することです。具体的には、サイバーセキュリティチームに、チームのプロセスやワークフローで DevOps の原則を受け入れるよう促すことです。これら 2 つのプラクティスが、セキュリティにおいて画期的といえる 3 つの理由は、以下のとおりです。

1) ビルトイン・セキュリティ

セキュリティテストは、開発者の畑、つまり DevOps パイプラインで実施する必要があります。セキュリティプロセスを開発側に適応させることが重要なのであって、開発側で適応してもらうのではありません。これによりセキュリティは、開発工程で後から追加するような作業ではなくなり、開発者が品質保証テストのために継続的統合/継続的展開 (CI/CD) システムを離れる必要はなくなります。DevOps にセキュリティを組み込むことは、サイバーセキュリティの有効性を高めるうえで欠かせません。

2) 自動化

サイバーセキュリティでは、可能な限り、テストおよび監査の自動化を取り入れる必要があります。組織では毎日何十、何百というソフトウェア更新をリリースしています。手動プロセスに依存すると、セキュリティを維持することは不可能です。セキュリティテストは、ビルドが変更されるたびに、または新しい脆弱性が発見されるたびに、自動的に起動される必要があります。ソフトウェアを継続的に提供するには、継続的なセキュリティ制御が必要です。

3) 事前予防

もし選べるのであれば、サイバーセキュリティリーダーは、(モグラ叩きをするのではなく) より価値の高いセキュリティプログラムの実装に時間を費やし、コンプライアンスをサポートし、リスク管理を改善したいと考えるはずです。開発中に脆弱性を事前に特定し修復することにより、稼働後に修復する場合と比較して膨大な時間とコストを節約できます (ある見積もりによると 85% 以上の節約)。セキュリティ分野においても古い格言は確かに真実です。「転ばぬ先のつえ」なのです。

2018 年の目標の 1 つとして、セキュリティコストの削減、盲点の排除、DevOps の促進を掲げるなら、IDG のホワイトペーパー「 DevOps がセキュリティにおいて画期的といえる 3 つの理由」をご一読ください。企業のセキュリティを確保し、Cyber Exposure Gap を軽減するための、より協調的かつ積極的なアプローチを促進するためのステップが見つかるでしょう。今こそ、セキュリティをブロッカーからデジタルビジネスイネーブラーに変換する時です。

関連記事

最新のサイバー攻撃に対する不安はないですか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

30 日間無料


最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io を 30 日間無料でお試しください

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

30 日間無料

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

30 日間無料で Tenable.cs にフルアクセス。クラウドインフラの設定ミスを、ソフトウェア開発ライフサイクルの設計、構築、実行時を通じて検出して修正できます。

Tenable.cs を購入する

クラウドセキュリティについてもっと詳しく、コードからクラウドまでの各段階でセキュリティを確保できるか、営業担当にお問い合わせください。