Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Multiple Zero-Day Vulnerabilities Discovered by Tenable Research in Building Access Technology

January 14, 2019

米国、メリーランド州コロンビア

An attacker could get free rein over buildings by exploiting the unpatched flaws to create fraudulent badges and disable building locks

Tenable®, Inc., the Cyber Exposure company, today announced that Tenable Research has discovered several zero-day vulnerabilities in the PremiSys™access control system developed by IDenticard. When exploited, the most severe vulnerability would give an attacker unfettered access to the badge system database, allowing him/her to covertly enter buildings by creating fraudulent badges and disabling building locks. According to its website, IDenticard has tens of thousands of customers around the world, including Fortune 500 companies, K-12 schools, universities, medical centers and government agencies.

Today’s modern enterprise has an extremely complex digital infrastructure comprised of both traditional and modern assets — from workstations and on-premises servers to building security systems and smart devices. This level of complexity has made it increasingly difficult for security teams to establish secure networks in dynamic enterprise environments. The PremiSys zero-days are a stark reminder that the mass adoption of emerging technologies has quickly blurred the lines between physical and digital security. This discovery comes just a few months after Tenable Research found another zero-day flaw — dubbed Peekaboo — in global video surveillance software.

PremiSys technology allows customers to grant and restrict access to doors, lockdown facilities and view integrated video. Once exploited, the most severe flaw would give cybercriminals administrator access to the entire badge system database via the PremiSys Windows Communication Foundation (WCF) service endpoint. Using the administrator privileges, attackers can perform a variety of actions like downloading the full contents of the system database, modifying its contents or deleting users.

“The digital era has brought the cyber and physical worlds together thanks, in part, to the adoption of IoT. An organization’s security purview is no longer confined by a firewall, subnets, or physical perimeter — it’s now boundaryless. This makes it critically important for security teams to have complete visibility into where they are exposed and to what extent,” said Renaud Deraison, co-founder and chief technology officer, Tenable. “Unfortunately, many manufacturers in the new world of IoT don’t always understand the risks of unpatched software, leaving consumers and enterprises vulnerable to a cyber attack. In this case, organizations that use PremiSys for access control are at a huge risk as patches are not available. Beyond this particular issue, the security industry needs to have a wider dialogue about embedded systems and their maintainability over time. The complexity of the digital infrastructure is increasing, and so is its maintenance. We need vendors to be committed to delivering security patches in a timely manner, and in a fully automated way. Tenable Research is committed to cooperating with willing vendors on coordinated disclosures to help ensure consumers and organizations alike are secure. Industry collaboration is key to helping customers manage, measure and reduce their exposure.”

Tenable Research disclosed the vulnerabilities (CVE-2019-3906, CVE-2019-3907, CVE-2019-3908, CVE-2019-3909), which affect version 3.1.190, to IDenticard following standard procedures outlined in its vulnerability disclosure policy. The team made multiple attempts to contact the vendor. On November 19, Tenable informed CERT of the vulnerability. To reduce the risk of compromise, users should segment their network to ensure systems like PremiSys are isolated from internal and external threats as much as possible.

For more information, read the Tenable Research Advisory blog post.

Tenable について

Tenable®, Inc. は、Cyber Exposureのソリューションを提供する会社です。2万4千の企業がサイバーセキュリティリスクを把握し低減するためにTenableを採用しています。Nessus® の開発者であるTenableは、脆弱性に対する専門性をさらに広げ、あらゆる情報資産やデバイスの脆弱性を管理、保護できる世界初のセキュリティプラットフォーム「Tenable.io®」を展開しています。Tenableのセキュリティプラットフォームは、米国ビジネス誌Fortuneが選定する『Fortune 500』(総収入に基づいた全米上位500社) に選ばれている企業の53%、世界の有力企業2000社の29%に導入されています。詳細は www.tenable.com へ。

お問い合わせ:

[email protected]

最新に保つ

最新のニュースリリースの受信を希望される方は登録してください。

最新のニュースリリースの受信を希望される方は登録してください。

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.ioを試す

30 日間無料

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.ioを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

2,275ドル

今すぐ購入

無料でお試し 今すぐ購入

Nessus Professionalを無料で試す

7日間無料

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加していただくと、電話、メール、コミュニティ、チャットサポートを年中いつでもご利用いただけきます。詳細についてはこちらを参照してください。

無料の拡張サポートを手に入れましょう

Nessus Professional の購入とともに、

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のWebアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なWebアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDNs

3,578ドル

今すぐ購入

無料でお試しになれます。 セールスにご連絡ください。

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOpsプラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポート

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Industrial Securityについてもっと知る

Tenable.scのデモを入手する

以下のフォームに連絡先をご記入ください。営業担当者からデモのスケジュールについてご連絡いたします。短いコメントもご記入いただけます(255文字まで)。アスタリスク(*)マークの付いた欄は必須です。

無料でお試しになれます。 セールスにご連絡ください。

Tenable Luminを試す

30 日間無料

Tenable Luminを使用して、Cyber Exposureを可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Luminを購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上でLuminがいかに役立つかについて、Tenableの営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.ot のデモを予約する

オペレーショナルテクノロジーのセキュリティを強化しましょう。
リスクを軽減しましょう。