Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

すべてのプラットフォーム上にある資産の脆弱性を把握

tenable-ep

Tenable.ep は、企業のサイバー上のすべてのリスク変動資産とセキュリティデータの状況を常時把握できる包括的なリスクベースの脆弱性管理ソリューションツールです。

Tenable.ep を使えば、アタックサーフェス全体のすべての資産と脆弱性を可視化でき、どの脆弱性が近々攻撃に使われやすいかを予測して、最も重要な問題に対処することができます。

最大のリスク削減を最小の負荷で達成することができるソリューションです。

デモを予約する 動画を視聴する

脆弱性管理の断片的なアプローチを排除

Tenable.ep にはすべてのニーズを満たす機能とツールが組み込まれており、包括的な脆弱性管理ソリューションとしてすぐに利用できます。今までのような負荷や作業量 - テクノロジースタック上のさまざまなプラットフォームに各々用途別の脆弱性管理ツールを導入して、種類の異なる膨大な量のセキュリティデータを手作業でまとめて、やっと環境全体の状況を把握していたあの手間 - が過去のことになります。

完全な可視性

従来の IT 資産、クラウドサービス、オペレーショナルテクノロジー (OT)、最新の Web アプリケーション、Active Directory (AD) ドメイン、リモートワーカーなど、アタックサーフェス全体の死角をなくします。

プラットフォームの詳細を見る

重点を抑える

20 兆以上の脅威、脆弱性、資産情報を機械学習アルゴリズムを使って継続的に分析することによって、Tenable.ep は、最も重要な問題にまず集中して、修正作業の負荷を減らすことを可能にします。

データーシートをダウンロードする

柔軟なライセンスモデル

Tenable.ep は、資産のライセンス形態に、進化し続けるアタックサーフェスと同じように流動的な新しいアプローチを採用しています。資産の意味を包括的に再定義し、IT、クラウド、コンテナ、Web アプリケーション、および AD ユーザー間でライセンスを動的に再割り当てする柔軟性を提供します。

他部門や他社との比較分析

社内の他部門や拠点とサイバー上のリスク変動資産を比較できます。外部の同業他社とも比較が可能で、リソースや予算投資をいつ、どこを対象に実行するかが判断できます。

ソリューション概要を読む
ダッシュボードのトレンド表示は、セキュリティ対策の経時的進捗を、競合他社と比較して表示します。

成熟度の測定

セキュリティチームが効果的に深刻な欠陥を特定しているか、問題を素早く修正してリスクを削減しているかなど、基礎となるセキュリティプロセスの成熟度を測定します。

シンプルで強力な統合プラットフォーム

Tenable.ep は、すべての機能を 1 つの包括的なソリューションとして完全に統合することによる、究極の効率化を提供します。そのうえ、1 つのライセンスで全体が管理ができるので調達が簡単、導入も容易です。Tenable.ep は、包括的な脆弱性管理ソリューションとしてすぐ使えるように、すべてのニーズを満たす機能が組み込まれて統合されています。
Tenable.io 脆弱性管理
リスクを理解して、どの脆弱性を優先的に修正するかがわかります。
Tenable.io Container Security
脆弱性、マルウェア、ポリシー違反などのコンテナイメージのセキュリティを可視化します。
Tenable.io Web App Scanning
ウェブアプリのためのダイナミックなアプリケーションのセキュリティテスト(DAST) をシンプルで、スケーラブルなアプローチで提供します。
Tenable.io Lumin
Cyber Exposure を計算、伝達、比較し、リスクを管理します。
適応型評価
現代のアタックサーフェスのために開発した、評価テクノロジーのセット
予測に基づいた優先順位付け
最も重要な資産の攻撃に悪用されやすい脆弱性を予測
統合された資産モデル
アタックサーフェス全体の資産と脆弱性を可視化して評価、そして一元的に表示

Tenable.io 脆弱性管理

エクスポージャーを理解し、真っ先に修正すべき脆弱性を把握

Tenable Lumin

Tenable.io

脆弱性管理

Tenable.io

Web App Scanning

Tenable.cs

クラウドセキュリティ

Tenable.ad

Active Directory

適応型評価

予測に基づいた優先順位付け

統合された資産モデル

Tenable.ep のよくあるご質問

Tenable.ep とは?
Tenable.ep は、Tenable.io 脆弱性管理Tenable.io Web Application ScanningTenable.cs, Tenable.adTenable Lumin で構成される包括的なリスクベースの脆弱性管理ソリューションです。Tenable.ep を利用すると、企業はあらゆる資産、場所、プラットフォームのサイバーリスクをいつでも把握しやすくなります。Tenable.ep は、アタックサーフェス全体の資産と脆弱性をすべて可視化して、一元化して表示します。企業にとって最も重要な資産と危険な脆弱性を評価しやすくし、正確に優先順位を付けることを可能にします。
Tenable.ep は製品のセット、またはバンドルですか?
違います。一般的に、バンドルとは、緩く組み合わされた製品 (または全く独立した製品) を集めたもので、個々の製品別にライセンスがあったり、管理用のインターフェースがあったりします。Tenable.ep は Tenable の既存の製品の包括的なセットで構成されていますが、統一プラットフォームであり、1 つのライセンスモデルがお客様のアタックサーフェス全体の資産すべてに適用されます。また、Tenable.ep は、すべての資産や脆弱性を一元化されたダッシュボードに表示する、単独のプラットフォーム管理インターフェースを提供しています。
Tenable.ep にはどの Tenable 製品によって構成されていますか?
Tenable.ep は以下の Tenable 製品によって構成されています。
Tenable.ep は Tenable 製品をさまざまに取り合わせた場合とどのように違うのでしょうか?
Tenable.ep と複数の製品をばらばらに購入した場合の最も重要な違いは、容易さとコスト効率です。Tenable.ep は、お客様のすべての資産に対してただ 1 つのライセンスを適用します。ばらばらに購入された場合、各製品のライセンスモデルが折り重なります。また、Tenable.ep では Tenable のリスクベースの脆弱性管理機能のすべてが always on で提供され、常時利用可能です。 別の調達計画を立案する必要もなく、いつでも使い始めることができます。耳よりなポイントは、別々に製品を購入した場合の合計よりも遥かに有利な価格で提供されていることです。
Tenable はなぜ Tenable.ep を開発したのですか?

今まで、すべてのエクスポージャーを可視化するには、単一用途の製品を複数購入しなければならなく、その場合、ライセンスと価格モデルが製品ごとに異なっていました。この複雑さがセキュリティ責任者にとって大問題となったのです。種類の違うソリューションから得られた膨大なセキュリティデータを手作業で解析しなければならなくなり、さまざまな様相を接ぎ合わせて初めて、企業の環境における脆弱性が理解できる状況でした。Tenable.ep の包括的なソリューションを利用すると、このような複雑さから解放され、従来の IT、クラウド、ウェブアプリケーション、コンテナ資産、Active Directory 環境など、アタックサーフェス全体にわたるすべての資産と脆弱性を、すべてが統合された単一のビューで確認できます。

さらに、今までは、既存のリスクベースの脆弱性プログラムを更新させようとすると、一歩一歩、面倒な時間のかかる調達と展開のプロセスが必要でした。それも、予算が通れば、の話です。しかし、Tenable.ep を使用すると、面倒な調達や展開プロセスなしで、ウェブアプリケーションのスキャン、クラウド評価、Docker のイメージ評価など、いつでもさまざまな資産タイプの評価を開始できます。

Tenable.ep の構成製品は、個別にスタンドアロン製品として継続して提供されますか?
はい。Tenable.ep のコアコンポーネントとしてだけでなく、各々、個別にスタンドアロン製品として継続して販売されます。このような選択肢を設けることによって、ソリューション全部をお求めにならないお客様のニーズも継続してサポートして参ります。
Tenable.ep はどのような価格設定になっていますか?

Tenable.ep は、お客様がアタックサーフェスで管理する資産数によって価格が設定されます。各 IT およびクラウドリソース、完全修飾ドメイン名 (FQDN)、コンテナイメージ、および Active Directory ユーザーは、製品ライセンスに対してまったく同じように数がカウントされます。他の Tenable 製品と同様に、評価対象の資産数に比例した、従量制の割引をご利用いただけます。

この抜本的な変更によって、価格モデルが簡略化、合理化され、アタックサーフェス全体にあるすべての資産評価に、より簡単でコスト効果の優れたアプローチを提供いたします。

Tenable.ep でカウントする資産はどのように定義されていますか?
Tenable.ep は、現在、Tenable.io 脆弱性評価管理Tenable.io Web Application ScanningTenable.csTenable.ad が資産をまとめてカウントするのと同じ方法を用いています。これには、従来の IT 資産 (デスクトップ、ノートパソコン、サーバー、ストレージデバイス、ネットワークデバイスなど)、クラウドリソース、ウェブアプリケーション (完全修飾ドメイン名)、および Active Directory ユーザーが含まれます。
必要に応じて、異なる種類の資産にライセンスを付与することができますか?
できます。そのような柔軟なライセンスモデルが Tenable.ep の主な利点の 1 つです。Tenable.ep を使えば、企業固有のニーズに応じて (例えばアタックアタックサーフェスが変化した場合)、何度でも資産の割り当てを変更できます。たとえば、運用が停止された IT 資産をウェブアプリケーションまたはクラウドリソースに再割り当てする (またはその逆を行う) ことが可能です。どのような資産でも Tenable.ep の製品ライセンスでは同等にカウントされます。
価格モデルには何らかの制限がありますか?
ライセンス金額の範囲内である限り、資産単位のライセンスを任意の方法で自由に割り当てることができます。例えば、1 つの資産タイプにライセンスを 100% 割り当てたり、アタックサーフェス全体に任意の組み合わせで割り当てることもできます。唯一の例外は、Tenable クラウドスキャナーを使用してウェブアプリをスキャンする場合です。この際、これら資産の同時スキャンはライセンス階層に応じて制限されます。しかし、ローカルでのスキャンは、ライセンスのあるすべての資産を対象に実行でき、これにはウェブアプリケーションも含まれます。 詳細については、Tenableの営業担当者にお問い合わせください。
Tenable.ep にはTenable.scTenable.ot は含まれていますか?
いいえ。現在は Tenable.scTenable.ot も含まれていません。別々に購入していただくことが可能です。
Tenable.ep は、クラウドとオンプレミスの両方のデプロイメントで利用可能ですか?
Tenable.ep は、クラウドベースの SaaS (サービスとしてのソフトウェア) のソリューションとしてのみ利用可能です。しかし、Tenable.ep はクラウドベースの資産だけでなく、オンプレミスの物理的な資産を含む、企業のアタックサーフェス全体にある資産のセキュリティを確保します。

TENABLE.EP を使ってみる


「当社ではすべての項目を徹底的に調査します。明らかに秀逸な結果が確認できた Tenable を選択しました」 Sanmina、情報セキュリティ副社長、Matt Ramberg 氏
tenable.io

30 日間無料


最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io を 30 日間無料でお試しください

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

30 日間無料

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

30 日間無料で Tenable.cs にフルアクセス。クラウドインフラの設定ミスを、ソフトウェア開発ライフサイクルの設計、構築、実行時を通じて検出して修正できます。

Tenable.cs を購入する

クラウドセキュリティについてもっと詳しく、コードからクラウドまでの各段階でセキュリティを確保できるか、営業担当にお問い合わせください。