Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

CVE-2020-27125、CVE-2020-27130、CVE-2020-27131 : Cisco Security Manager の非認証脆弱性を公開

Following the publication of proof-of-concept (PoC) code, Cisco released three advisories for multiple vulnerabilities silently patched in a recent update. Organizations should apply these patches immediately.

背景

On November 16, Cisco published advisories for three vulnerabilities in Cisco Security Manager, a tool to monitor and manage a variety of Cisco devices, including Cisco Adaptive Security Appliances, Cisco Integrated Services Routers, Firewall Services Modules, Catalyst Series Switches and IPS Series Sensor Appliances. The vulnerabilities were discovered and disclosed by security researcher Florian Hauser of Code White.

Hauser originally tweeted about these vulnerabilities on November 11, saying that he had disclosed “12 vulnerabilities” to Cisco that affect the “web interface” of Cisco Security Manager. He noted that all of the vulnerabilities he disclosed were unauthenticated and “almost all directly giving RCE (Remote Code Execution).”

Five days later, on November 16, Hauser tweeted that because Cisco’s Product Security Incident Response Team (PSIRT) had become “unresponsive,” and because the alleged fixed version of Cisco Security Manager didn’t mention his disclosures, he decided to release his proof-of-concept (PoC) code for the 12 vulnerabilities.

Three advisories reportedly cover at least 12 vulnerabilities

Despite Hauser’s tweet describing 12 vulnerabilities, it appears that two of the CVEs, CVE-2020-27130 and CVE-2020-27131, encompass multiple vulnerabilities, which is why there isn’t a direct one to one match as far as CVEs are concerned.

分析

CVE-2020-27125 is a static credential vulnerability in Cisco Security Manager. An unauthenticated, remote attacker could obtain the static credentials by viewing the source code of a file. Successful exploitation would allow an attacker to use these static credentials to “carry out further attacks.” This vulnerability received a CVSSv3 score of 7.4 out of 10.0.

CVE-2020-27130 is a critical path traversal vulnerability in Cisco Security Manager. An unauthenticated, remote attacker could send a specially crafted request containing directory traversal character sequences (e.g. “../../”) to a vulnerable device. Successful exploitation would allow the attacker to arbitrarily download and upload files to the device. This vulnerability received a CVSSv3 score of 9.1 out of 10.0.

CVE-2020-27131 addresses multiple vulnerabilities in the Java deserialization function in Cisco Security Manager. An unauthenticated, remote attacker could exploit this vulnerability by generating malicious serialized Java objects using a tool like ysoerial.net and sending them as part of a specially crafted request to the vulnerable device. Successful exploitation would grant the attacker arbitrary code execution privileges on the device as NT AUTHORITY\SYSTEM. This vulnerability received a CVSSv3 score of 8.1 out of 10.0.

Research cites previous disclosure from Tenable’s Zero Day Research team

As part of his PoC release for CVE-2020-27131, Hauser included a reference to TRA-2017-23, a vulnerability disclosure from Tenable’s Zero Day Research team from 2017 regarding a deserialization remote code execution vulnerability in Cisco Security Manager and Cisco Prime LAN Management Solution.

概念実証

On November 16, Hauser tweeted a link to a GitHub gist that contains PoCs for the vulnerabilities he disclosed to Cisco. These PoCs include examples of serialized Java objects generated using ysoserial.

ソリューション

Cisco has released patches for CVE-2020-27125 and CVE-2020-27130. However, a patch for CVE-2020-271131 is not yet available. The following table provides insight into the affected versions and available fixes.

CVE 影響を受けるバージョン 修正されたバージョン Fix Status
CVE-2020-27125 4.21 and earlier 4.22 and later 利用可能な
CVE-2020-27130 4.21 and earlier 4.22 and later 利用可能な
CVE-2020-27131 4.21 and earlier 4.23 and later 提供されていません

On November 17, Hauser tweeted that the fixes were “indeed implemented” and that they “need some further testing” with a Service Pack release expected within “the next few weeks.”

We will update this blog post once Cisco Security Manager 4.23 is available. Cisco has not provided any workarounds or mitigations for any of these vulnerabilities and notes that they are not aware of exploitation in the wild for these vulnerabilities at the time the advisories were published. The Security Response Team strongly encourages customers running Cisco Security Manager to upgrade to the most recent patched version as soon as possible.

影響を受けているシステムの特定

この脆弱性を識別するための Tenable のプラグインのリストは、リリースされた時点でこちらに表示されます。

詳細情報

Tenable コミュニティの Tenable セキュリティレスポンスチームに参加してみませんか。

最新のアタックサーフェスを総合的に管理する Tenable、初の Cyber Exposure Platform の詳細情報をご覧ください。

今すぐ Tenable.io Vulnerability Management の 30 日間無料トライアルをお試しください。

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

7 つの追加サポート