Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

CVE-2020-8597: Point to Point Protocol Daemon(pppd) におけるバッファオーバーフローの脆弱性

17年前から存在する pppd における「緊急」の脆弱性は、広く使用されている複数の Linux ディストリビューションに影響を与えます。

背景

3月4日、CERT Coordination Center (CERT/CC) の研究者は、Point-to-Point Protocol Daemon(pppd)バージョン2.4.2から2.4.8に存在する深刻度が「緊急」の脆弱性に関する脆弱性ノート#782301を公開しました。この脆弱性の開示は IOActive の Ilja van Sprundel 氏の貢献に基づいています。

Point-to-Point Protocol(PPP)は、レイヤー2を介した基本データ、および、ダイヤルアップ接続、DSLブロードバンド、SSL暗号化を実装する仮想プライベートネットワーク(VPN)などのデータ接続サービスのカプセル化と送信を可能にする全二重プロトコルです。PPP は、2つの直接接続された IP と TCP を実装するためにも使用されます。これらのプロトコルは、ポイントツーポイント接続をサポートしていません。pppd は、2つのノード間の PPP セッションの確立とセッションの終了を管理するために使用される Unix ライクなオペレーティングシステム上のデーモンです。

分析

CVE-2020-8597 は、Extensible Authentication Protocol (EAP) のパケットプロセッサの論理的な欠陥により pppd のバッファオーバーフローが発生する脆弱性です。認証されていないリモートの攻撃者は、特殊な細工が施された EAP パケットを脆弱な PPP クライアントまたはサーバーに送信し、DoS 攻撃を仕掛けたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。pppd はカーネルドライバーと連携して動作し、多くの場合、システムやルートなどの高い権限で実行されるため、これらと同じ権限で任意のコードが実行される可能性があります。

CERT/CC の脆弱性ノートによると、論理上の欠陥は複数の EAP 機能に存在します。

eap_request および eap_response 関数では、型として最初のバイトを使用して、ポインターとデータ長の入力データが受信されます。この型が EAPT_MD5CHAP(4)の場合、埋め込まれた1バイトの長さフィールドを調べます。このチェックは、埋め込まれた長さがパケット全体の長さよりも小さいことを確認するために実装されています。チェックに成功すると、埋め込まれた長さの後にあるホスト名がローカルスタックバッファーにコピーされます。脆弱性は、これらの関数がコードを解析する方法に存在します。境界チェックに不備がある場合、任意のデータ長でメモリのコピーが続行し、スタックバッファオーバーフローが発生する可能性があります。

また、eap_input 関数のコードには、 PPP 内のリンク制御プロトコル(LCP)フェーズで EAP のネゴシエートの検証に不備があるため脆弱性が存在します。つまり、検証の失敗が LCP フェーズ中の誤った事前共有パスフレーズによるためでも、EAP のサポートの不備によるためでも、認証されていない攻撃者は EAP パケットを処理するために送信できます。この未検証の EAP パケットを処理すると、スタックバッファーがオーバーフローする可能性があります。

概念実証

このブログ記事が公開された時点では、この脆弱性を悪用する概念実証(PoC)はリリースされていません。

しかし、複数の GitHub リポジトリが公開されており、概念実証が近日中に公開される可能性があります。そのうちの1つは進行中であり、もう1つは「1、2週間中に落ち着いたら」リリースされる予定です。

解決策

2月2日に eap.c における脆弱性が修正されました。その後、さまざまな Linux ディストリビューションが PPP の脆弱性に対処するためのアップデートをリリースしており、今後数日間に追加のパッチがリリースされる可能性があります。以下は、この脆弱性に対処する既知のディストリビューションリリースのリストです。

Distribution バージョン アドバイザリ
Debian Jessie LTS 2.4.6-3.1 DLA-2097-1
Debian Stretch, Debian Buster 2.4.7-1+4 2.4.7-2+4.1 DSA-4632-1
Ubuntu 19.10, 18.04 LTS, 16.04 LTS USN-4288-1
Ubuntu 14.04 ESM 12.04 ESM USN-4288-2
Red Hat Enterprise Linux 6 RHSA-2020:0631
Red Hat Enterprise Linux 7 RHSA-2020:0630
Red Hat Enterprise Linux 8 RHSA-2020:0634
SUSE SLED12 SUSE-SU-2020:0490-1
SUSE SLED15 SUSE-SU-2020:0489-1
CentOS 6 CESA-2020:0631
CentOS 7 CESA-2020:0630
Oracle Linux 6 ELSA-2020-0631
Oracle Linux 7 ELSA-2020-0630
Oracle Linux 8 ELSA-2020-0633

さらに、シスコは、シスコ製品に与える可能性のある影響を確認し、バグIDとして CSCvs95534 を割り当てています。

これは完全なリストではありません。今後、多くのベンダーが自社製品に対するこの脆弱性の影響を判断し、アドバイザリを公開することでしょう。

攻撃されたシステムの特定

この脆弱性を識別するための Tenable プラグインのリストは、こちらからご覧いただけます。

詳細情報を入手する

Tenable コミュニティの Tenable セキュリティレスポンスチームにご参加ください

最新のアタックサーフェスを総合的に管理する初のサイバーエクスポージャープラットフォーム、Tenable の詳細情報をご覧ください。

今すぐ Tenable.io Vulnerability Management の30日間無料トライアルをお試しください。

関連ポスト

NVD 公開前に VPR を使用して脅威を管理する

寄稿者:Wei Tai • 2020年5圧22日 - 午後2:18

リスクベースの脆弱性管理を活用するには

寄稿者:Jeff Aboud • 2020年5月19日 - 午後2:56

Tenable のブログに登録して通知を受けってください

登録する
無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.ioを試す

30 日間無料

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.ioを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

2,275ドル

今すぐ購入

無料でお試し 今すぐ購入

Nessus Professionalを無料で試す

7日間無料

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加していただくと、電話、メール、コミュニティ、チャットサポートを年中いつでもご利用いただけきます。詳細についてはこちらを参照してください。

無料の拡張サポートを手に入れましょう

Nessus Professional の購入とともに、

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のWebアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なWebアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDNs

3,578ドル

今すぐ購入

無料でお試しになれます。 セールスにご連絡ください。

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOpsプラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポート

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Industrial Securityについてもっと知る

Tenable.scのデモを入手する

以下のフォームに連絡先をご記入ください。営業担当者からデモのスケジュールについてご連絡いたします。短いコメントもご記入いただけます(255文字まで)。アスタリスク(*)マークの付いた欄は必須です。

無料でお試しになれます。 セールスにご連絡ください。

Tenable Luminを試す

30 日間無料

Tenable Luminを使用して、Cyber Exposureを可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Luminを購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上でLuminがいかに役立つかについて、Tenableの営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.ot のデモを予約する

オペレーショナルテクノロジーのセキュリティを強化しましょう。
リスクを軽減しましょう。