Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

Tenable.io APIの紹介

Tenable.ioは、世界初のサイバーエクスポージャープラットフォームです。これはネットワークの完璧な可視性を実現し、最新のアタックサーフェスの管理および評価を可能にします。Tenable.io Vulnerability Managementの強力な機能はすべて、Tenable.io APIで利用できます。このAPIは、あらゆる経験レベルのユーザーが利用できる、堅固で詳細に文書化されているツールです。Tenable.ioのユーザーは、パブリックで利用可能なウェブインターフェイスを介してAPIにアクセスできます。高度に専門的なユーザーであれば、cURLやPostmanのようなユーティリティを使用してAPIを活用することで、データを自動収集したり、ウェブUIでは即時に得られない追加の詳細を入手したりできます。

Tenable.io APIの使用

Tenable.io APIのウェブUIを使用することにより、APIクエリの作成や、cURL、Postmanなどのユーティリティの使用に馴染みがなくても、APIの多くの機能を活用できます。

APIランディングページ

必ずしも明らかではないAPI UIを活用する鍵となるのが、ほとんどのリクエストでは認証が要求されるということです。これは、2つのウィンドウまたはタブを開くことでとても簡単に実行できます。1つはTenable.ioの認証されたセッション、もう1つはTenable.io APIで開きます。 これにより、Tenable.io APIは認証されたセッションを使用してクエリを実行できます。APIのクエリ送信を試みる際に認証に失敗した場合は、通常、以下のようなエラーメッセージが表示されます。認証してからAPIページを更新すると、エラーは解消されます。

認証エラー

推奨されるクエリ

Tenable.io APIは、19種類のデータタイプに対するクエリを受け入れ、100以上のメソッドと追加のフィルターまたはパラメーターを利用できます。このAPIは、スキャンの作成と制御、ユーザーの追加やパーミッション設定、スキャン方針の変更や作成、その他数十種のタスクの実行に使用できます。多くのタスクは、APIクエリのスクリプト化による自動化の際に役立ちますが、Tenable.io APIに関する基本的理解が必要となります。

Tenable.ioコンテナ内の資産リストを取得

API UIは、様々なメソッド、リクエストおよびパラメーターの動作について理解するのに役立ちます。たとえば、Tenable.ioコンテナ内の資産リストを取得する手順について説明します。

  1. まず、Tenable.ioが認証されていることと、API UIが開いていることを確認します。
  2. 次に、画面左のバーから\[workbenches]をクリックし、 \[assets]をクリックします。
ワークベンチ: 資産
  1. それから、ウェブページの一番下までスクロールして、[Test]セクションを表示します。
テスト

ご覧の通り、そこにはクエリ結果をフィルターするオプションパラメーターがいくつかあります。今回は、デフォルトのままにして[Send]をクリックします。リクエストが完了すると、資産リストと詳細がJSONフォーマットで取得されます。

資産リスト

脆弱性リストを取得

\[workbenches] > \[vulnerabilities] のクエリはよく似た動作となりますが、より多くのパラメーターが設定可能です。どれでもパラメーターを設定すればクエリ結果がフィルターされ、探している対象に応じて結果を自由に調整できます。

フィルタフィールドにワードを入力するだけで、フィルター群を定義し、[filter.search_type]フィールドの定義に従って「and」または「or」で論理的に結び付けることができます。この例のフィルタフィールドでは、フィルターがグレー表示されています。この例はクエリ実行時に実際には適用されませんが、フィルターを何か入力すると、それが適用されます。追加のフィルター詳細は、ウェブページのずっと上にある[Filters]セクションで確認できます。

脆弱性テスト

脆弱性クエリに対する応答では、個別のプラグインまたは脆弱性の結果に関する詳細は確認できません。しかし、リストからは、他のクエリで使用するプラグインIDを確認できます。[workbenches] > [vulnerability-info]クエリにプラグインIDを設定すると、プラグインに関する追加情報が得られます。\[workbenches] > \[vulnerability-output]クエリにプラグインIDを設定すると、脆弱性が発見された資産など、脆弱性の結果情報が得られます。

テスト

他のAPIユーティリティの使用

Tenable.io APIのUIを使って十分な基礎を構築しておくなら、cURLやPostmanなど、他のAPIユーティリティを使用してより複雑なリクエストを実行できるようになります。通常、データへのリクエストを実行する際には、ユーティリティからの認証が必要となります。本体から認証を得た状態で<https://cloud.tenable.com/session>にPOSTすることにより、データクエリを実行するのに必要なセッショントークンを取得できます。認証されたセッショントークンを取得するためのcURLリクエストはこれに類似しますが、あなた自身の認証情報で行う必要があります(これはhttpsのURLに対するPOSTリクエストであるため、あなたの認証情報はプレーンテキストでは送信されません。):

curl -X POST -H "Content-Type: application/json" -H "Cache-Control: no-cache" -d '{"username":"[email protected]", "password":"YourPasswordHere"}' "https://cloud.tenable.com/session"

セッショントークンを取得したら、クエリを実行してAPI UI経由で利用可能なタスクを実行できます。 API UIで、HTTPリクエスト情報を調べて、クエリを実行するための適切なメソッドとURL構文を取得します。たとえばこのクエリでは、スキャンと詳細のリストを確認できます。

curl -X GET -H "X-Cookie: token=YourSessionTokenHere" -H "Cache-Control: no-cache" "https://cloud.tenable.com/scans"

これのようなリクエストでは、ターゲットグループのリストが返されます。

curl -X GET -H "X-Cookie: token=YourSessionTokenHere" -H "Cache-Control: no-cache" "https://cloud.tenable.com/target-groups"

このリクエストは、セッションを閉じます。

curl -X DELETE -H "X-Cookie: token=YourSessionTokenHere" -H "Cache-Control: no-cache" "https://cloud.tenable.com/session"

これらのcURLリクエストはすべて、Postmanや様々な言語のスクリプトで使用するための変更も容易に行えます。

Tenable.ioのソリューション

Tenableのお客様ではなくても、ご自身のブラウザーから即時にTeneble.io APIをお試しいただけます。このAPIは公開されており、ご覧いただければすぐにわかるとおり、完全に文書化されています。Tenableをご利用の場合、Tenable.io Vulnerability Managementの機能(正確な資産追跡、脆弱性ステータス、ワークベンチとレポートなど)はすべて、APIから利用可能となり、お客様およびパートナー様は必要とするデータを自動的に取得して利用できます。Tenable.io APIはまた、様々なAPIユーティリティ経由の使用や、様々な言語によるスクリプティングのための機能を豊富に揃えています。

今すぐTenable.io Vulnerability Managementの60日間無料トライアルをお試しください!

無料トライアルを開始

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格は 9 月 30 日に終了します。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

サポートとトレーニングを追加