Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

ProxyShell: 攻撃者は Microsoft Exchange Server における脆弱性(CVE-2021-34473)を突くためにスキャンしている

Three vulnerabilities from DEVCORE researcher Orange Tsai could be chained to achieve unauthenticated remote code execution. Attackers are searching for vulnerable instances to exploit.

Update August 23: The Analysis section has been updated with information about exploitation of this vulnerability chain. Organizations should update immediately.

背景

Last week at the Black Hat USA and DEF CON security conferences, DEVCORE researcher Orange Tsai presented a talk titled “ProxyLogon is Just the Tip of the Iceberg: A New Attack Surface on Microsoft Exchange Server!” In his Black Hat presentation, he walked through three vulnerabilities in Microsoft Exchange Server:

CVE 説明/対策 CVSSv3 VPR*
CVE-2021-34473 Microsoft Exchange Server Remote Code Execution Vulnerability 9.1 9
CVE-2021-34523 Microsoft Exchange Server Elevation of Privilege Vulnerability 9.0 8.4
CVE-2021-31207 Microsoft Exchange Server Security Feature Bypass Vulnerability 6.6 8.4

出典:Tenable, August 2021

*Please note: Tenable’s Vulnerability Priority Rating (VPR) scores are calculated nightly. This blog post was published on August 9 and reflects VPR at that time.

Orange Tsai is a prolific researcher who has found many high-severity vulnerabilities in a wide range of products. Most relevant is CVE-2021-26855, aka ProxyLogon, which Tsai reported to Microsoft in January (Volexity and Microsoft Threat Intelligence Center also received credit for discovering this vulnerability). Despite this, ProxyLogon was exploited as a zero-day by the threat group HAFNIUM and other advanced persistent threat actors. Even after Microsoft issued an out-of-band patch for ProxyLogon, it continues to be exploited by threat actors for various types of attacks from cryptomining and creating botnets to ransomware.

分析

CVE-2021-34473 is a remote code execution vulnerability and the highest rated, receiving a CVSSv3 score of 9.1. CVE-2021-34523 and CVE-2021-31207 were both initially rated as “Exploitation Less Likely” according to Microsoft’s Exploitability Index because of their independent features, but when chained together, they have significant value to attackers. これらの脆弱性を連鎖させることにより、攻撃者はポート 443 の脆弱性のある Exchange Server で任意のコマンドを実行することができます。Two of the three ProxyShell vulnerabilities, CVE-2021-34473 and CVE-34523, were patched as part of the April 2021 Patch Tuesday release, though Microsoft says they were “inadvertently omitted” from that security update guide. CVE-2021-31207 は 5 月にパッチが適用されました。

Attackers are actively scanning for Exchange Servers vulnerable to ProxyShell

On August 6, security researcher Kevin Beaumont reported attempts to exploit this vulnerability chain in the wild.

Over the following days, several Computer Security Incident Response Teams issued alerts about attackers scanning for vulnerable Microsoft Exchange Servers. Because of how widely exploited the ProxyLogon and other Exchange Server vulnerabilities have been so far this year, we recommend organizations patch immediately. Attackers are already finding vulnerable servers to exploit and it may be prudent to initiate incident response procedures if you know you have unpatched servers on your network.

CISA urges organizations to patch servers

According to Symantec’s Threat Hunter Team and Huntress Labs, attackers continue to scan for and exploit vulnerable Microsoft Exchange servers using this attack chain to deploy the LockFile ransomware. Symantec also reports that the PetitPotam exploit is being used in these attacks to gain access to domain controllers and thereby spread the ransomware across target networks.

In response, the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency issued an urgent alert urging organizations to identify and remediate vulnerable servers.

概念実証

After Tsai’s presentations last week, two other researchers published their reproduction of Tsai’s work which included more technical details on how to exploit the vulnerability chain. One of the researchers, Jang, also published a proof-of-concept for ProxyLogon earlier this year.

ベンダー応答

Microsoft は、4 月、 5 月の月例セキュリティ更新プログラムでこれらの脆弱性のすべてにパッチを適用しました。CVE-2021-34473 and CVE-2021-34523 were patched in April 2021 but Microsoft did not publish advisories until July.

影響を受けているシステムの特定

これらの脆弱性を識別する Tenable プラグインのリストは、こちらからご覧いただけます。

詳細情報

Tenable コミュニティの Tenable セキュリティレスポンスチームに参加してみませんか。

最新のアタックサーフェスを総合的に管理する Tenable、初の Cyber Exposure Platform の詳細情報をご覧ください。

今すぐ Tenable.io Vulnerability Management の 30 日間無料トライアルをお試しください。

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、ソフトウェア開発ライフサイクルの設計、構築、実行の各段階においてクラウドインフラの設定ミスを検出して修正します。

Tenable.cs を購入する

クラウドセキュリティについてもっと詳しく、コードからクラウドまでの各段階でセキュリティを確保できるか、営業担当にお問い合わせください。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

7 つの追加サポート