Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

脆弱性管理 ― 知っておくべきすべてのこと

これ以上、探す必要はありません。脆弱性管理について知るべきことは、すべてここにあります。

脆弱性管理はプロアクティブな資産検出、継続的モニタリング、緩和、修復、および組織の最新の IT アタックサーフェスを Cyber Exposure から保護するための防御戦術を含む、継続的なプロセスです。あなたが再教育を必要とするサイバーセキュリティの管理者、新米の脆弱性管理の専門家、もしくは Cyber Exposure を低減するために脆弱性管理プラットフォームの購入を検討している担当者でも、このページは脆弱性管理に関する知識の拠り所です。

すべての人のための脆弱性管理
ここで学べるポイントの一部をご紹介します。
スプレッドシートを廃止して、脆弱性管理をグレードアップ

脆弱性管理プログラムにおいて、まだスプレッドシートを使い続けていませんか? そろそろシートを手放して効率化を図り、緊急のニーズに集中する時間を確保しましょう。

詳細はこちら
脆弱性管理の基礎とその他のオンデマンドウェビナー

継続的な資産検出、データ収集、および強化された検出機能を導入して、資産管理上の課題を克服しましょう。

詳細はこちら
脆弱性管理についてよくあるご質問 (FAQ)

脆弱性管理について分からないことがありますか? こちらの FAQ をクイックリファレンスガイドとしてご利用ください。

詳細はこちら
脆弱性管理ソリューション

5つの簡単なステップで、脆弱性管理プロセスを強化しましょう (検出、評価、分析、緩和、測定)。

詳細はこちら
脆弱性管理の計画とプロセス

ベストプラクティスと効率的なプロセスに通して強固な脆弱性管理の基盤を構築することで、組織のサイバーセキュリティプログラムを成功に導きます。

詳細はこちら
Tenable 脆弱性管理コミュニティ

他の脆弱性管理の専門家とつながりたいとお考えですか? 刺激やサポート、素晴らしいアイデアが共有されている Tenable Community をご活用ください。

詳細はこちら

最新のアタックサーフェスを管理・測定し、Cyber Exposure を正確に把握して低減しましょう

特定・調査・優先度付け・緩和・対応

脆弱性管理は、包括的なサイバーセキュリティプログラムの一部であり、Cyber Exposure を低減させるための持続的なプロセスです。Tenable.io を使用することで、アタックサーフェス全体にわたって脆弱性を正確に特定、調査して優先度付けを行い、すべての資産および脆弱性に関する最も正確な情報に、単一のプラットフォームを使用して即座にアクセスすることが可能になります。

詳細はこちら

トップに戻る

脆弱性管理のテクニカルインサイト

クラウド脆弱性管理ソリューションに期待すべきポイント

クラウドベースの脆弱性管理ソリューション選択のためのバイヤーズガイド

クラウドの脆弱性管理ソリューションは、デプロイメントのしやすさからメンテナンスの容易さまで、組織のニーズの変化に応じて新しい機能や高度なセキュリティ対策をすばやく拡張し、適用するのに役立ちます。

またコスト面においても、柔軟性を提供してくれます。その理由は、クラウドホストの脆弱性管理ソリューションの多くは初期費用が少なく、一般的に関連する継続的な費用も少なく抑えられるからです。

各脆弱性管理ソリューションには、オンプレミスでもクラウドホスティングでも、それぞれ長所や短所があります。プロバイダーの選定に入る前に、脆弱性管理プログラムの目標について考えてみましょう。何を達成したいか? また選択したソリューションが最も役立つものにするためには、どういった機能が必要か?

続きを読む

クラウド脆弱性管理ベンダーを評価する前に考えるべき、その他の質問:

  • 脆弱性管理プログラムの目標と目的は設定しましたか?
  • 目標と目的がどのように脆弱性管理ソリューションと関連するかを把握していますか?
  • クラウドベースの脆弱性管理ソリューションが主要な機能を提供する仕組みを調べましたか?
  • 脆弱性管理ソリューションがいかにクラウドを活用し、組織に利益をもたらすかを理解していますか?
  • 現在の脆弱性や新たに発生する脆弱性に関して、期待する範囲や知識はどのようなものですか?
SANS 脆弱性管理調査

SANS 脆弱性管理調査

他の脆弱性管理の専門家から学べること

あらゆる規模の組織が、急速に変化する IT 環境に直面し、これまでにないほど多くの検出・保護すべき資産や評価すべき脆弱性を抱えています。

「SANS 脆弱性管理調査」では、増加する脆弱性をいかに管理し、直面する課題にどう対処するかについて調査が行われました。また、アタックサーフェスがどれほど急激に発展して変化したとしても、アタックサーフェス全体にわかる脆弱性を管理するための方法も提供されています。

  • 脆弱性の数が増加するにつれて、頻繁な脆弱性スキャンの必要性がますます高まっている
  • サイバーリスクを低減するために、日常的な自動スキャンを実行する
  • アタックサーフェスは変化するため、継続的なスキャンを採用して、アタックサーフェスに対するリアルタイムに近いインサイトを得る
  • 自動的にパッチを当てるツールを使用して、重要なソフトウェア、アプリケーションおよびオペレーティングシステムを最新の状態に保つ

続きを読む

コミュニティの力で脆弱性を管理する

脆弱性管理に関する Tenable の知識と会話が1か所に集結

Tenable に関するディスカッションは長い間、フォーラムサイトで行われてきました。ユーザーからフィードバックが共有され、質問が投げかけられ、知識が交換されてきました。今では、これらのフォーラムへの投稿が新しい Tenable Community の基盤となっています。Tenable Community は、Tenable や脆弱性管理について興味を持つ人々が集まり、アイディアを交換できる場所です。

コミュニティに参加する

まさに今、交わされている会話の一例です。

どうすれば Tenable.io で OS の脆弱性をフィルタリングできますか?

当社には、パッチを管理する個別のチームが存在します。一方は OS を管理し、もう一方はアプリケーションをサポートしています。パッチを当てる責任が他のチームにある項目がレポートやダッシュボードに含まれないようにするために、脆弱性ファミリーに基づいて別々のレポートやダッシュボードを用意したいと思っています。

回答を見る

どうすれば Tenable.io からスキャン結果をエクスポートできますか?

この動画では、Tenable.io からスキャン結果をエクスポートする方法を実演しています。Tenable.io から脆弱性スキャンデータを .nessus ファイル、PDF、HTML、または CSV 形式で簡単にエクスポートできます。

ビデオを見る

私のダッシュボード上で、アクティブな脆弱性が減少しているのはなぜですか?

全くパッチを当てていない、もしくは大規模にパッチを当てていない場合でも、スキャン環境に存在する脆弱性が、脆弱性管理ダッシュボード上で突然減少することがあります。これはなぜですか?

回答を見る

脆弱性管理についてよくあるご質問

脆弱性管理についてよくあるご質問:

脆弱性管理とは何ですか?
脆弱性管理とは、各種テクノロジーやツールを使用した継続的なプログラムでです。組織全体にわたって Cyber Exposure リスクを特定し、運営上目的および目標と一致させ、脆弱性を適切なタイミングで修復してネットワークの安全性を確保し、運営を安全に保ちます。
セキュリティ上の脆弱性とは何ですか?
セキュリティ上の脆弱性とは、システムを侵害して攻撃者にデータや情報へのアクセスを与えるために悪用される可能性のある、バグやプログラム上のミスなどの、ハードウェアまたはソフトウェアの弱点や盲点です。
ネットワークモニターとは何ですか? 脆弱性の管理にどう役立ちますか?
ネットワーク脆弱性モニターは、ネットワーク、サーバー、オペレーティングシステムおよびアプリケーションなどの従来の IT インフラストラクチャに潜む脆弱性、構成ミスおよび他のセキュリティ上の問題を探し出すのに役立ちます。
資産とは何ですか?
資産とは、IT 環境内の任意のハードウェアまたはソフトウェアのことです。これにはサーバー、ネットワークおよびデスクトップパソコンなどの従来の IT 資産だけでなく、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、仮想マシン、サービスとしてのソフトウェア (SaaS)、クラウドホストのテクノロジーやサービス、Web アプリケーション、IoT デバイスおよびコンテナが含まれます。脆弱性管理プログラムを成功に導くためには、継続的な資産検出、評価および管理が重要です。
アタックサーフェスとは何ですか?
アタックサーフェスは、攻撃者により悪用される可能性があるネットワーク内の複数のエクスポージャー (IT 資産) で構成されます。過去のアタックサーフェスは、サーバーやネットワークなどの従来の IT 資産から構成されていました。しかし、今日のアタックサーフェスは広範にわたり、常に成長し続けており、モバイルデバイス (スマートフォン、デスクトップパソコンやノートパソコン)、仮想マシン、クラウドインフラストラクチャ、Web アプリケーション、コンテナおよび IoT デバイスを含みます。
脆弱性管理と Cyber Exposure の関係性はどのようなものですか?
脆弱性管理は Cyber Exposure の土台です。Cyber Exposure は資産の検出とその重要度、脆弱性の検出と優先度付け、および組織に直接影響を及ぼす可能性のある潜在的な脅威に関連する脅威コンテキストを基盤にして構築されます。
Vulnerability Priority Rating (VPR) とは何ですか?
Vulnerability Priority Rating (VPR) は、Tenable の Predictive Prioritization プロセスの一部です。VPR は、Tenable およびサードパーティの脆弱性および脅威データを含む150以上のデータポイントを連結し、機械学習アルゴリズムを使用して、28日以内に悪用される可能性が最も高い脆弱性を特定します。このアルゴリズムは、National Vulnerability Database にあるすべての脆弱性 (および NVD でまだ公開されていないが、ベンダーにより発表されたもの) を分析して、悪用される可能性を予測します。VPR は、0~10段階で評価されます。VPR が10の場合、最初に修復すべき最も重大な脅威であることを示します。
Asset Criticality Rating (ACR) とは何ですか?
Asset Criticality Rating (ACR) は、組織内の資産がビジネスに与える影響の大きさを表します。ACR は、スキャン結果のデータおよび三本柱 (インターネットへの露出、デバイスの種類、デバイスの機能) に対するルールベースのアプローチにより、資産の重要度評価を自動化します。これらの柱の組み合わせで、0~10の ACR が得られます。ACR が低い資産は、ビジネス上重要ではないと考えらます。ACR が高い資産は、ビジネス上重要だと考えられます。
Asset Exposure Score (AES) とは何ですか?
Asset Exposure Score (AES) は、Vulnerability Priority Rating (VPR) および Asset Criticality Rating (ACR) に基づいて算出されます。資産における脆弱性の脅威、重大度およびスキャン動作などの、資産の脆弱性に関する状況を定量化したものです。
Cyber Exposure Score とは何ですか? なぜ重要なのですか?
Cyber Exposure Score (CES) は、組織全体のサイバーリスクを表し、資産の重要度、ビジネス目標、脅威の重大度、近い将来に悪用される可能性、および脅威のコンテキストに基づいて修復を優先度付けするのに役立ちます。CES が確定すると、脆弱性管理プログラムを組織内部で、および競合他社に対してベンチマーキングすることが可能になります。これは、サイバーセキュリティに詳しくない主要関係者や経営陣が理解できる方法で組織全体のサイバーリスクを伝達するのに役立ちます。



Tenable、The Forrester Wave™: 脆弱性リスク管理 (Q4 2019) でリーダーに選出

脆弱性のリスク管理ベンダーを評価する、アナリストガイドの決定版をご覧ください。

レポートをダウンロードする

Tenable が「The Forrester WaveTM: 脆弱性リスク管理 (Q4, 2019)」でリーダーに選出されました

サイバーセキュリティを成功に導く脆弱性管理ソリューション

脆弱性管理は、組織の大きさに関わらず、組織のリスクを低減する方法の一つです。しかし、成功する脆弱性管理プログラムを作成することは、決して容易ではありません。そのためには、目標の設定、メトリクス、継続的な検出およびモニタリング、ならびに組織全体の当事者から賛同を得ることが必要となります。どこから手を付ければよいでしょうか。5つの簡単なステップで、脆弱性管理プロセスを強化することができます。

  1. 発見

    適切なツールなくして、継続的な検出と環境に対する可視性を得ることは困難ですが、アタックサーフェスの盲点を検出し、予防する上で不可欠です。脆弱性管理を成功に導くために重要な最初のステップは、コンピューティング環境全体ですべての資産を検出し、マッピングすることです。

  2. 評価

    次に、脆弱性、不適切な構成および他のセキュリティの健全性の指標などを含む、すべての資産の Cyber Exposure を評価します。包括的な脆弱性および不適切な構成の評価は、スキャンの実行だけにとどまりません。Tenable.io で利用できるような、さまざまなデータ収集技術を駆使して、組織の多様なセキュリティ上の問題を特定します。

  3. 分析

    脆弱性管理プログラムを成功に導くための3つ目のステップは、セキュリティおよびビジネス目標に沿って、エクスポージャーを把握することです。これにより、資産の重要度、脅威コンテキストおよび脆弱性の重大度に基づいて修復を優先度付けすることが可能になります。

  4. 緩和

    最初の3ステップが完了できれば、強力な脆弱性管理プログラムへと順調に近づいています。機械学習を活用することで、さらに踏み込んで将来の脅威アクティビティに関連する、隠れたデータパターンを見つけることができます。これにより、近い将来に悪用される可能性が最も高い脆弱性に対するインサイトが得られます。そこから、最初に緩和すべきエクスポージャーを優先度付けし、適切な修復方法を適用します。

  5. 検出

    最後の推奨事項は、Cyber Exposure を測定し、ベンチマーキングを行うことで、よりよいビジネスおよび技術上の意思決定を行うことです。Tenable.io のレポートのカスタマイズにより、脆弱性管理プログラムの効率に関する理解しやすいデータ、およびプログラムの有効性を同じ業界の競合他社と比較するのに役立つ外部に対するベンチマーク指標が得られます。

脆弱性管理と Cyber Exposure からの保護

脆弱性管理となると、セキュリティチームの多くは、自分たちの部門またはチームの目標にしか集中しません。これまではある程度上手くいっていましたが、セキュリティ上の目標とビジネス目標とが一致した脆弱性管理プログラムの方が強力な場合がほとんどです。

脆弱性管理プログラムをビジネス目標と一致させることで、経営陣や役員が理解できるようにプログラムの成功を伝達するためのメトリクスをより簡単に作成し、分析することができます。これにより、強力なプログラムを構築して上層部からの支持が得られるようになり、プログラムを柔軟かつ拡張可能で、上手く機能させられるよう保つためのリソースにアクセスできるようになります。企業の脆弱性管理に関して、Tenable が推奨する5つのベストプラクティスがこちらです。

  1. ゴールを設定する

    測定可能で意味のある具体的な構成要素を特定し、次にアタックサーフェスの強化、資産インベントリおよびパッチの監査を開始しましょう。

  2. データの正確性を担保する

    脆弱性に対するビジビリティ (可視性) を狭めないようしましょう。アクションに結び付く、タイムリーで正確なデータにアクセスしましょう。

  3. ギャップを解消する

    信頼できるプロセスを維持して信頼を築くために、パッチの問題がある原因ををすばやく特定して、例外として追跡します。

  4. 独立性と衝突に対処する

    効果的な脆弱性管理プログラムを作成するために、プロセスが組織内の個人やチームにどう影響するかを把握しましょう。

  5. 測定対象を知る

    弱点を検出するために、測定は傾向ではなく、例外に集中すべきです。

盲点を排除して、生産性を高める。脆弱性に優先順位を付けしましょう。

Tenable.io のアクションに結び付く正確なデータは、IT 環境全体にわたって脆弱性の修復を特定、調査および優先度付けし、不適切な構成を緩和するのに役立ちます。無料でさっそく始めてください。

Tenable.io を30日間無料で試す

脆弱性管理のブログ記事

スプレッドシートを廃止して、脆弱性管理をグレードアップ

スプレッドシートを廃止して、脆弱性管理をグレードアップ

あなたは習慣にとらわれていませんか? 非効率であると分かっていても、スプレッドシートのような古いツールやリソースを使用して、脆弱性管理プログラムを管理してしまっていませんか? 実際、多くのセキュリティチームが同じことをしているかもしれません。多くの場合、所定の期間内に完了できないほど多くの業務を抱えているため、新しいソリューションにより時間を節約し、プログラムの効率を改善できるとしても、それを探すことに躊躇するかもしれません。Tenable.io は、これまでに得た知識やプログラムに投資した時間を無駄にすることなく、スプレッドシートから解放されることができる簡単な方法です。

続きを読む

セキュリティチームと脆弱性への対応

セキュリティチームと脆弱性への対応

サイバーセキュリティチームの一員であれば、終わりの見えない脆弱性のリストが永遠と机に積まれていくのは日常茶飯事です。このことは今まで、ニュースヘッドライン、フォーラムや他の情報交換に基づいてさらに調査を行い、どの脆弱性が最も注目を集めているかを確認して、そこに労力を集中させることを意味していました。これでは、成功の見込みなどないように感じられるでしょう。Tenable の Predictive Prioritization は、こういった従来の脆弱性への対処方法を根本から変えようとしています。Predictive Prioritization により、データサイエンスと機械学習を活用することで、脆弱性を発見し、パッチを当てて、修復することが簡単になります。

続きを読む

脆弱性管理のファンダメンタルズ

脆弱性管理のファンダメンタルズ

新たに出現するセキュリティ脅威、目を引くツールや、変化する規制の中で、次の大きな問題に対するパッチ・修復業務に忙殺され、セキュリティの基本を見失うかもしれません。基本に立ち戻るための方法の一つは、組織の Cyber Exposure ライフサイクルに関してもっと良く知ることです。Cyber Exposure を使用することで、チームのセキュリティ目標と組織の経営目標とを一致させることができます。どこから手を付ければよいか分かりませんか? Cyber Exposure ライフサイクルの4つのステージを確認して、各ステージが脆弱性管理プログラムにおいて重要である理由を知ってください。

続きを読む

脆弱性管理・オン・デマンド

脆弱性管理のファンダメンタルズ:資産検出と分類

基本的な脆弱性管理の原則を使用して、アタックサーフェス全体にわたる資産の検出および管理という課題を克服しましょう。このウェビナーの詳細は、次のとおりです。

  • 継続的な資産検出が重要である理由
  • アタックサーフェス全体で異なる種類の資産を検出するためのデータ収集方法
  • 資産の管理および分類プロセスを最大限に生かす方法
  • 検出能力の改善および拡張に Tenable がいかに役立つか

Predictive Prioritization で脆弱性のオーバーロード問題を克服する

組織に影響を及ぼす3% の脆弱性だけを修復すればよいとしたらどうでしょう。このオンデマンドウェビナーの詳細は、次のとおりです。

  • Predictive Prioritization と、それにより脆弱性の修復への取り組み方がいかに変わるか
  • Predictive Prioritization の基となるデータサイエンス、リサーチおよび分析
  • Tenable がどのように自社製品の Predictive Prioritization を活用しているか
  • Predictive Prioritization が貴社の脆弱性管理プログラムを転換させる方法

資産および脆弱性の管理プロセスを最適化するための実際的なアプローチ

自動化により、最も重要な資産の管理、優先度付け、修復および追跡を合理化することで、セキュリティリスクを緩和できます。このウェビナーの詳細は、次のとおりです。

  • 高度な脆弱性評価およびグループ分けの手法を使用して、プロセスを効率化する方法
  • ビジネスへの影響度に基づいて、組織のリスクを優先度付けする方法
  • 脆弱性ライフサイクルとは何か、および修復に向けてタイムライン追跡を使用する方法

脆弱性管理の基礎をマスターする: 分析と優先度付け

効果的に脆弱性の検出と評価ができるようになると、パッチを当てるための優先度付けや修復の改善に役立つデータへのアクセスなど、組織全体の Cyber Exposure に対するより深いインサイトが得られます。このオンデマンドウェビナーの詳細は、次のとおりです。

  • CVSS スコアリングの価値と限界
  • 近い将来、組織に影響を及ぼす可能性の高い脆弱性を見つける方法
  • 資産の重要度が、いかに脆弱性管理プログラムの重要な部分を占めているか

Tenable.io: 最新の IT アタックサーフェスのための、業界をリードする脆弱性管理ソリューション

組織の IT 環境は急速に進化しています。そのため、ユーザーとともに進化して変化することができる脆弱性管理ソリューションが必要です。Tenable.io により、すべての資産および脆弱性に対する完全なインサイトを含む、アタックサーフェス全体についてのタイムリーで正確な情報を得ることが可能になります。クラウドで提供されるソリューションとして利用可能な Tenable.io は、脆弱性管理プログラムの効果と効率の向上に役立ちます。

包括的な評価

評価

Tenable.io には、アクティブスキャン、エージェントスキャン、およびパッシブネットワークモニタリングに使用する Nessus センサーが付属しており、オンプレミスからクラウドにまたがるアタックサーフェスを可視性することができます。

Predictive Prioritization

Predictive Prioritization

Tenable.io は脆弱性データ、データサイエンスおよび脅威インテリジェンスを使用することで、組織に近い将来、最も大きな影響を及ぼす脆弱性を特定するのに役立ちます。

動的な資産追跡

資産の追跡

最新の IT アタックサーフェスは、仮想マシン、クラウドインスタンスやモバイルデバイスなどの極めて動的な IT 資産で構成されています。Tenable.io は業界をリードする正確性で、資産とその脆弱性を追跡します。

Passive Network Monitoring

ネットワークのパッシブモニタリング

ネットワークトラフィックを継続的にモニタリングすることで、スキャンしづらいデバイスや一時的に存在するシステムをアタックサーフェス全体にわたって検出し、評価できます。

自動化されたクラウドの可視性

クラウドの可視性

Tenable のクラウドコネクタにより、Microsoft Azure、Google Cloud Platform および Amazon Web Services 用のコネクタを介して、パブリッククラウド環境の継続的な可視化および評価が可能になります。

構築済みの統合と柔軟な API

構築済みの統合と柔軟な API

構築済みの統合、および詳細に文書化された API や SDK リソースを使用することで、ワークフローを自動化して Tenable.io のデータを他のサードパーティーシステムと共有することができます。詳細については、developer.tenable.com をご確認ください。

Tenable.io を無料でお試しください。

アタックサーフェス全体わたるすべての脆弱性を正確に特定、調査、および優先付けしましょう。

無料で試す



トップに戻る

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.ioを試す

30 日間無料

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.ioを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

2,275ドル

今すぐ購入

無料でお試し 今すぐ購入

Nessus Professionalを無料で試す

7日間無料

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus®は、最も包括的な脆弱性スキャナです。Nessus Professionalは脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様がITチームに専念できるようにサポートします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加していただくと、電話、メール、コミュニティ、チャットサポートを年中いつでもご利用いただけきます。詳細についてはこちらを参照してください。

無料でお試し 今すぐ購入

Tenable.io Web Application Scanningを試す

30 日間無料

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のWebアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なWebアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスし、これまでにない精度で全ての資産を確認し、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDNs

3,578ドル

今すぐ購入

無料でお試しください セールスにご連絡ください

Tenable.io Container Securityを試す

30 日間無料

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOpsプラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポート

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Industrial Securityについてもっと知る

Tenable.scのデモを入手する

以下のフォームに連絡先をご記入ください。営業担当者からデモのスケジュールについてご連絡いたします。短いコメントもご記入いただけます(255文字まで)。アスタリスク(*)マークの付いた欄は必須です。

無料でお試しください セールスにご連絡ください

Tenable Luminを試す

30 日間無料

Tenable Luminを使用して、Cyber Exposureを可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable Luminを購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、組織全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上でLuminがいかに役立つかについて、Tenableの営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.ot のデモをリクエストする

オペレーショナルテクノロジーのセキュリティを強化しましょう。
リスクを軽減しましょう。