Facebook Google Plus Twitter LinkedIn YouTube RSS Menu Search Resource - BlogResource - WebinarResource - ReportResource - Eventicons_066 icons_067icons_068icons_069icons_070

Tenable ブログ

ブログ通知を受信する

基礎に焦点を当てる: ランサムウェアから身を守るための 6 つのステップ

ランサムウェアはサイバー衛生の不備を収益化する犯罪です。対抗できるセキュリティ構築のための 6 つのステップをご紹介します。

ランサムウェアは、どの企業でも役員会で取り上げられる問題となっています。2020 年だけでも、3 億回のランサムウェア攻撃が記録され、全年比で 60% 以上の増加を示しています。この傾向の背景には多数の要因があります。例えば、暗号通貨の普及、高度なランサムウェアのバリューチェーン、1回の攻撃で2回身代金の支払いを強要するビジネスモデルの成功例、などです。しかし、今日、ランサムウェア攻撃の頻発を助長する原因として最も重要なものの1つに、膨大な数のソフトウェアの脆弱性と設定ミスがあります。攻撃者たちは、これらを大皿から食い荒らすように取って使いこなし、企業ネットワーク内に足掛かりを作り、攻撃を全領域に仕掛けています。

ランサムウェアは攻撃者が脆弱性を悪用することに依存

リモートワークが新常識として一般化した今日、攻撃者たちはリモートアクセスインフラやウェブアプリの欠陥を餌食にしてネットワークの侵入口にしています。現在、ランサムウェアシンジケートとして最大の REvil/Sodinokibi は、最近ますます VPN (CVE-2019-11510)、ウェブサーバー (CVE-2019-2725)、リモートデスクトップ (CVE-2019-19781) などにある脆弱性を標的にし、またつい先日、リモート IT 管理のインフラ内の脆弱性 (CVE-2021-30116) も標的にしています。Conti と呼ばれるランサムウェアの種類も、頻繁にVPN システムとリモートデスクトッププロトコル (RDP) を悪用してネットワークに侵入しています。ソフトウェアの脆弱性が、今までにない速度でランサムウェアの攻撃に使われるようになったのは、年々発行されるCVEの数が実に膨大であることと、コードの導入に全くユーザーとのやりとりが不要なためです。

しかも、脅威となっているのは従来のCVEの脆弱性だけではありません。 設定ミスも、ランサムウェアの企業環境内の侵害には大きな役割を果たしています。ランサムウェアのエクスプロイトは、Active Directory (AD) の弱点を衝いて権限昇格し、高価値の標的に向かった探索につなげています。Ryuk と呼ばれるランサムウェア集団は、一片のEメールから攻撃を展開し、よくあるADの設定ミスを使ってたったの24時間でドメイン全体に侵害を拡大させています。AD は、「王国の鍵」などと呼ばれることがあるように、企業のユーザー認証、権限の承認、アクセスコントロールの中心です。 一旦攻略してしまえば、攻撃者は AD (とそのグループポリシーと属性) を使って、企業全体にランサムウェアを導入することができます。

ランサムウェア対策はどこに重点を置いたらよいか

ランサムウェアの防止については悲観的なことばかりでなく、楽観できる点もあります。

まず、悲観論は、企業を保護する特効薬はない、ということ。魔法のように問題を解決してくれる、最新の AI テクノロジーや、高度な挙動分析や、リアルタイムの検知と対応が可能なソリューションはありません。「これさえあれば解決できる」ソリューションを求めているサイバーセキュリティのデイフェンダーにとっては何としても悔しいことです。

次に楽観できることは、セキュリティの基礎要因に注目すれば、前に道が開くということです。ここでこうお考えではありませんか。「サイバー衛生ってワクワクしないから気が乗らない」と。いや、でも効果があるのです。 基礎要因を固めることは、ランサムウェア攻撃の成功を防止するのに不可欠です。米国のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャ・セキュリティ庁 (CISA) や英国の国家サイバーセキュリティセンター (NCSC) などのサイバーセキュリティの専門家は、次のような基礎要因の重要性を常に強調しています。

  • サイバーセキュリティの意識向上のためのトレーニングを実施して、フィッシング攻撃を減らす
  • ネットワークを事業部門やリソースなどの単位で分割して、侵害があっても全領域に広がるのを防ぐ
  • あらゆる場所で多要素認証 (MFA) を有効にする
  • データとシステムイメージのバックアップを頻繁に取得し、暗号処理して維持する

  • 企業全体のアタックサーフェスに対して継続的なリスクベースの脆弱性管理と AD の評価をを実施する


ランサムウェアから企業を守る 6 つのステップ 

上の最後の基礎要因のポイントの具体的な方法として、Tenable では次の 6 つのステップを踏んでランサムウェアに対するセキュリティ体制を強化することをお勧めしています。

  1. すべてを頻繁にスキャンする
  2. AD を強化して重要資産を保護する
  3. 権限昇格を逆転させる
  4. 予測に基づいた優先順位付け
  5. 企業の存続がかかっているかのように修正作業に励む
  6. パフォーマンス向上のために測定する

以上のステップについてもっと詳しくは、短いガイド 6 ステップでランサムウェアを食い止めるをご覧ください。 このガイドでは、ランサムウェアの攻撃経路全体で実行できるベストプラクティスを紹介しています。攻撃者が最初の足掛かりを作れないように、そしてネットワークを探索できないようにする手段です。ガイドの内容を活用して、ランサムウェアの攻撃をランサムウェアの試行に変えてください。Tenable はランサムウェア攻落のジャーニーの一歩一歩をお供して支援いたします。

リスクベースの脆弱性管理についてはこちらから

関連記事

最新のサイバー攻撃に対して脆弱ではありませんか?

下にメールアドレスをご記入ください。最新の情報が確認できる Cyber Exposure アラートがインボックスに送信されます。

tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

tenable.io 購入

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Nessus Professional を無料で試す

7 日間無料

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

Nessus Professionalを購入する

Nessus® は、最も包括的な脆弱性スキャナーです。Nessus Professional は脆弱性のスキャンプロセスを自動化し、コンプライアンスサイクルを短縮し、お客様の IT チームが専念して活動できるようにします。

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。拡張サポートを追加すると、24 時間x365 日、電話、コミュニティ、チャットサポートにアクセスできます。

ライセンスをお選びください

複数年ライセンスをご購入いただくと割引が適用されます。

サポートとトレーニングを追加

Tenable.io

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームにフルアクセスし、これまでにない精度で全資産の表示および追跡が可能です。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io を購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

65 資産

サブスクリプションオプションを選択してください。

今すぐ購入する

Tenable.io Web Application Scanningを試す

Tenable.ioプラットフォームの一部として最新のアプリケーション用に設計された、最新のウエブアプリケーションのスキャンサービスの全機能にアクセス可能です。手作業による労力や重大なウエブアプリケーションの中断なしに、脆弱性のオンラインポートフォリオを安全に高精度でスキャンします。 今すぐサインアップしてください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable.io Web Application Scanningを購入する

最新のクラウドベースの脆弱性管理プラットフォームの全機能にアクセスして、これまでにない精度で全ての資産を確認、追跡しましょう。 年間サブスクリプションをご購入ください。

5 FQDN

3,578ドル

今すぐ購入する

Tenable.io Container Securityを試す

脆弱性管理プラットフォームに統合された唯一のコンテナセキュリティ製品の全機能にアクセス可能です。コンテナイメージの脆弱性、マルウェア、ポリシー違反を監視継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI / CD)システムと統合し、DevOps プラクティス、セキュリティ強化、および企業のポリシーコンプライアンスをサポートします。

Tenable.io Container Securityを購入する

Tenable.ioのContainer Securityは、ビルドプロセスと統合することにより、コンテナイメージのセキュリティ(脆弱性、マルウェア、ポリシー違反など)を可視化し、シームレスかつ安全なDevOpsプロセスを実現します。

Tenable Lumin を試用する

Tenable Lumin を使用して、Cyber Exposure を可視化および調査し、リスクの軽減を追跡し、競合他社に対してベンチマークしましょう。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

Tenable Lumin を購入する

Tenableの担当者にお問い合わせいただき、企業全体に対するインサイトを得て、サイバーリスクを管理する上で Lumin がいかに役立つかについて、Tenable の営業担当者までお問い合わせください。

Tenable.cs を試してみる

製品のすべての機能にアクセスして、クラウドインフラの設定ミスを検出、修正して、実行段階の脆弱性を表示できます。今すぐ無料トライアルにご登録ください。

Tenable.cs Cloud Security トライアルには Tenable.io Vulnerability Management、Tenable Lumin、Tenable.io Web Application Scanning も含まれています。

営業担当者に問い合わせて Tenable.cs

Tenable.cs Cloud Security について詳しくは営業担当者にお問い合わせください。クラウドアカウントのオンボーディングは簡単で、数分でクラウドの設定ミスと脆弱性が把握できます。

Nessus Expert を無料で試す

7 日間無料

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

すでに Nessus Professional をご使用ですか?
Nessus Expert にアップグレードすると、7 日間無料でご利用いただけます。

Nessus Expert を購入する

最新のアタックサーフェス用に構築された Nessus Expert を使用すると、拡大された領域が可視化でき、IT やクラウド資産に潜む脆弱性から企業を保護できます。

ライセンスをお選びください

プロモーション価格の有効期間が12月末日まで延長されました。
複数年ライセンスの場合、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

サポートとトレーニングを追加